« №2229 1月の新旧ブログのアクセス数 | トップページ | №2231 川の国 埼玉 »

2014年2月 2日 (日)

№2230 班の昼食会

 昨年9月から【浦和社会生活大学】に参加しているのだが、今まではただ講義を聴講するだけだった。この学校には、クラスとかの細かい縦割り組織はない。ただ、12の班構成があるのみだ。この班も、機能しているかどうかは分からない。

 私が属しているのは第10班で、21名ほどいる。この班も住まい別に分かれているのだが、わが第10班は【北区・岩槻区・蓮田市】に住んでいる方が属している。「班活動として最初で最後であるが、昼食会をやろう」という呼びかけがあり、参加してきた。会場は、北浦和駅前のとあるレストランだ。

 一体、この学校にどういう方が参加しているのか、興味があった。私が唯一知っているのは、彩の国いきがい大学の仲間でもあるOnちゃんだけだ。この日の昼食会に参加したのは16名。

Dsc00361  最初に自己紹介をし合った。圧倒的に年配が多い。最高齢の方は86歳だという。その人が言うには、「この学校にはもっと上の人がいて、もう90歳を過ぎている」のだそうだ。そして、どちらかというと女性上位だ。さらに驚くのは、この学校が何年いてもかまわないというので、その86歳の方は在籍14年目だという。

 最も若い方は、還暦を過ぎたばかり。「まあ、私の娘と同じ年だ」という声が出ていた。いずれも人の話を聞いても、一年でやめる人はいないようだ。「この学校の講義が充実しているので続いている」という方もいた。

 もう一つの特徴は、埼玉県のいろいろなシニア大学を渡り歩いている人が多いということだ。私も卒業した【彩の国いきがい大学】の卒業生も多かった。この班の班長さんもやはりいきがい大学の卒業生で、私よりも8年も先輩だという。

 総じて思うのは、こういう場に出てくる方は元気で、前向きの考えの持ち主が多いということだ。しかも、この傾向が強いのは男より女だ。幾つになっても、知りたい、学びたいという志向が大事だなとつくづく思った。

 一通りの自己紹介で昼食となったから詳しい話は出来なかったが、もっと話し合うと、なかには面白い方もたくさんいるだろうね。

 たまたま私の隣に座った男性は、「私は、自転車で全国を旅行してまわっている。最初は、東京から鹿児島まで1500kmを15日間かけて、行ってきた。北海道を除いて、ほぼ全国制覇している。今年は北海道旅行を計画している」のだそうだ。それが終わったら、全国を歩いて回りたい、という夢も述べていた。

 いずれ、どういう活動をするにしても、健康が大事だねとつくづく感じた。

|

« №2229 1月の新旧ブログのアクセス数 | トップページ | №2231 川の国 埼玉 »

浦和社会生活大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №2230 班の昼食会:

« №2229 1月の新旧ブログのアクセス数 | トップページ | №2231 川の国 埼玉 »