« №2243 胃カメラ検査 | トップページ | №2245 那須から撤退 »

2014年2月16日 (日)

№2244 那須の猛吹雪

 胃カメラ検査を終え、午後は那須にやってきた。本当は先週訪れるはずだったのだが、大雪で急遽中止した。今週末も雪の予報が出ていたが、先週ほどのことはないのではないかという予報で、那須行の決行した。

 普段は一般道で那須にやってくるのだが、出発が遅れたので東北道を使った。それでも、到着してみたら午後3時半だ。自宅から那須までは本当に近い。高速道路は雪だったが、それでもチラホラ降っている程度だった。

 【あるるのいえ】に着いたら、向かいのOhnoのお父さんが滞在しているようだ。彼の姿を見て何やらホッとする。早速、挨拶にお伺いしたら、昨日やってきたらしい。今回は新潟に行くつもりと言っていたが、明日の雪でどうなるものかと、心配してた。

 「寒い時には味噌汁に入れて」と、女房は酒粕を持たせてくれた。そうだ、初めてのことだが豚汁に挑戦してみよう。それぞれ材料を見繕って買った。豚肉はもちろんとして、大根・牛蒡・人参・ネギ・コンニャク・ナメコ・豆腐等だ。自宅にはジャガイモと椎茸・油揚げがあるので、これだけあれば充分だ。

 いつもそうなのだが、一人分で良いのに、加減が分からずに、ついつい作りすぎてしまう。今回も、材料を鍋に入れたら、鍋から溢れかえってしまった。まあ、今回滞在する二日かけて食べよう。酒粕と味噌を入れて煮込んだら、食べて体がホコホコ温まった。それに赤ワインを三杯ほど飲んだら、気持ち良くなってきて、寝てしまった。まだ午後9時である。

 途中で目覚め、2時間ほど本を読んでいたのだが、そのうち眠くなって二度寝をした。目が覚めたのが午前8時30分だ。那須に来るといつもそうなのだが、本当にぐっすり眠れるのが良い。

 さて、男子フィギュアのオリンピックはどうだったのだろうか、テレビをつけた。見事羽生が優勝したとのことだ。誠におめでたいことだった。ただビデオで見たのだが、決して出来は良くなかったね。幸い、ライバルのマイケル・チャンの出来も良くなかった。

Dsc00483   ところで外を見たら、猛吹雪だった。向かいのOhnoさんの家が霞んでいる。そのうち、午前10時半には停電になった。今この記事を書いているのは午後6時だが、まだ回復しない。東日本大震災でも、このような長い停電はなかったのに、ブツブツだ。停電でやることもないまま、このブログ記事を書いている。

 吹雪の中、昼は布団に入って本を読んでいた。テレビも見られない、それに外は寒いと来たら、布団の中で本を読むぐらいしかやることがない。おかげで結構はかどった。こんなに寒くても、布団の中はホカホカだ。相当厳重に暖房しているせいだ。敷布団を2枚敷き、その上に毛布と敷布を敷き、温かな毛布に掛け布団二枚、その上から毛布をかけたら十分だろう。

Dsc00481  雪が小康状態になったので、外に出てみた。ものすごい降雪量だ。60~70cmもあるだろうか。長靴がスッポリ埋まった。那須の山荘で過ごすようになって7年ほどになるが、これほどの積雪は初めてだ。車が、雪に埋まっている。これはいけないと、玄関から道路までと車の周囲の雪かきをした。これが相当の運動量だ。この日、温泉に行くのを楽しみにしていたのだが、トンデモナイ。自宅から一歩も動けないのだ。

Dsc00488Dsc00489   その上、停電で水道も停まってしまった。事務所に電話をしたら、「水を揚げるポンプが停電で動かなくなった」とのことだ。さらに、この日は除雪車も動かせないので、自宅に籠っていて下さい、と言っていた。

 水がない。雪を鍋に入れて融かした。暗いのでロウソク生活をしたが、不便なものだね。昔は皆こういう生活をしていたんだと考えると、まあ、こういう時間も良いものだ。

|

« №2243 胃カメラ検査 | トップページ | №2245 那須から撤退 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №2244 那須の猛吹雪:

« №2243 胃カメラ検査 | トップページ | №2245 那須から撤退 »