« №2285 水温む那須へ | トップページ | №2287 パソコン修理終わる »

2014年3月30日 (日)

№2286 春耕

 お尻に火が付き、とにもかくにもこの日中に畑を耕してしまわないと、と必死の思いで畑にやってきた。畑を耕すのは、昨年秋の大根収穫以来だから、約5カ月ぶりになる。天気予報を見ていたら、明日は雨とのこと。今日中に終わらせてしまう必要がある。

Dsc00808_4  畑仕事の基本は、なんといっても雑草取りだ。ほとんど雑草がないように見える畑も、丁寧に雑草をとりはじめたら馬鹿にならない。採った雑草をバケツに入れ、近くの小川に流している。どうだろうか、10杯にもなった。久し振りの畑仕事は腰にくる。腰を叩きながらの仕事だ。

Dsc00809  今回は、6畝の畑を耕すつもりでいる。きれいになった畑に、昨日買ってきた苦土石灰を撒いた。10kgの石灰を全部使った。少し撒きすぎかな。その上で、じゃがいも専用の肥料を撒き、石灰と肥料を土になじませるように耕した。これだけでお昼になってしまった。

Dsc00812  畑を耕していたら、土の中からお客様が顔を出した。大きな青蛙である。まだ冬眠中らしく、土からあがってもじっとしていて、動かなかった。

 畝起こしで顎を出し、自宅に帰りお昼ご飯を食べた。相当疲れたので30分ほどお昼寝をして、再度畑に出た。次の作業は、畝を深く掘り、小糠を撒く仕事だ。糠を撒いた野菜は、甘くって美味しくなる。沢庵を漬けた糠がたくさん残っていた。

Dsc00815_2  この仕事がしんどい。午前中は三本歯の鍬を使ったのだが、今回は平鍬だ。この平鍬がボロボロで、歯がほとんどない。力を込めないと、掘り進めない。この鍬も寿命だなと思いながら、だましだまし使った。ようやく糠を撒いて畝作りをしたら、夕方になってしまった。

 ヤレヤレ、今回の畑仕事も終了だ。隣の畑の奥さんが、「ご苦労さま。精が出ますね」とジュースを差し入れてくれた。いただきながら、世間話に興じた。この畑は、以前はご主人が朝昼晩とこまめに面倒を見ていた。そのご主人の顔が、最近見えない。以前奥さんに「ご主人の顔が見えませんね」と話したら、口を濁していたので、それ以降は聞くのが憚られた。

 この日、珍しく奥さんの方から声をかけてきた。「もうご存知かもしれないが、主人は昨年の7月に亡くなったの」ということだ。私は全然知らなかった。「胃癌で、発見された時には、余命3カ月の宣告だったの」とのことだった。その主人は、私にとっては【畑博士】で、色々と教えていただいた師匠でもある。

 「畑の仕事も、炊事も主人が全部やっていたのよ。主人が亡くなったその喪失感に、今でも毎日泣いて暮らしている」のだそうだ。私は、「ご愁傷さまでした」という言葉以外見つからなかった。どんな言葉を費やしても、慰められるものではない。

 今回の畑仕事も一段落して、自分を褒める意味でもドップリ温泉に浸かってきた。

|

« №2285 水温む那須へ | トップページ | №2287 パソコン修理終わる »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

シンさんこんばんは…
農作業がいよいよ那須でも始まりましたか…
私の方は3月の中旬にジャガイモの植え付けは終わりました。現在は暇を見つけては草むしりをしています。
そろそろ夏の(キュウリ、茄子、インゲン)などの植え付けの準備作業が待っています。
今は(ほうれんそう、からし菜、つぼみ菜)の収穫次期です。来週には耕運機で耕す予定です。
シンさんも頑張ってくださいね!

投稿: 大ちゃん | 2014年3月31日 (月) 19時54分

大ちゃん
コメントありがとうございます
ようやく耕し終わりました。
肥料が定着するのを見て
ジャガイモの植え付けです。
4月10日ころを予定しています。
トマトときゅうりは5月の連休に植えるつもりです。
埼玉に比べて半月から一カ月遅れです。
いつも野菜を植える時には、
食べてくれる方の笑顔を思い出します。

投稿: シンさん | 2014年3月31日 (月) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №2286 春耕:

« №2285 水温む那須へ | トップページ | №2287 パソコン修理終わる »