« №2325 那須の珍客 | トップページ | №2327 奥多摩の酒蔵を訪ねる »

2014年5月 9日 (金)

№2326 久し振りにわが家へ帰る

Dsc01255  4月27日に自宅を出発し、那須滞在のあと秋田へ帰郷し、11日ぶりに埼玉の自宅に帰ってきた。この間、ずいぶんと庭の緑が濃くなっているのに驚いた。

Dsc01261
Dsc01258_2   まぶしい緑の葉をつけているのが檸檬の樹だ。昨年、女房がバサバサ枝を落したので、果たして今年はどうなるのか心配していた。冬の間は元気がないように見えた樹だが、いまは新緑がまぶしい。

 この枝をよく見たら、檸檬の花が咲き始めている。その花も2~3個ではなく、枝ごとに沢山咲いている。咲き始めると、プ~~ンと甘酸っぱい香りが漂う。これなら、今年も檸檬の実の収穫が期待できそうだ。

Dsc01256
Dsc01257  ウッドデッキの隅の植木鉢に、今年はスイートピーを植えたようだ。まるでえんどう豆のような花が咲いていた。女房が、「これはいい匂いがするのよ」とせっせと花を摘んでいた。花束にして、友だちに差し上げるのだそうだ。

 こんなにきれいに咲くならと、来年はえんどう豆を植えると言っている。この庭は女房の領域だから、私は手をつけられない。「どうぞ御自由に」とつれない返事をした。

Dsc01260  庭でもう一つ気になるのが柿の樹だ。今年は、果たして実をつけているだろうか。柿の新緑もまぶしい。その葉をよくみると、たくさんの実がついていた。ウ~~ム、今年も柿の実が期待できそうだ。

 檸檬の樹もそうだが、柿の樹の下には食後に食べ残した食材が沢山埋められている。これが栄養になり、庭の樹は元気なのだ。

Dsc01262  庭隅には、さらにいろいろな花が植えられている。柵に絡まっているのは、テッセンの白い花だ。庭は、結構賑やかだ。

|

« №2325 那須の珍客 | トップページ | №2327 奥多摩の酒蔵を訪ねる »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2325 那須の珍客 | トップページ | №2327 奥多摩の酒蔵を訪ねる »