« №2343 なでしこ、アジアを制す | トップページ | №2345 詠む人で評価は変わる俳句評 »

2014年5月27日 (火)

№2344 第19回いきがいコンペ

Dsc01504  『第19回いきがいゴルフ同好会コンペ』が、佐野ゴルフクラブ出流コースで開催された。参加者は11名だった。このコンペは、彩の国いきがい大学の同期生で結成されたクラブの定例会だ。ただ、昨年の9月以来の開催だから、約8カ月振りになる。

 このクラブがスタートした時点では、年四回のコンペをやろうということになっていた。それが、昨年の12月の忘年コンペが中止になり、それ以来ずるずる引き延ばしになっていた。世話人のSusumuさんに「そろそろやろうよ」と声をかけ、ようやく実現したものである。

 この日の会場【佐野ゴルフクラブ出流コース】には深い思い出がある。板橋のスナックの仲間たちで、このコースで【7番アイアンの会】を開催した。ある方がフルでクラブ使用が出来るのに、私とIchiちゃんは7番アイアンより短いクラブしか使用できないルールで勝負をした。そのIchiちゃんも亡くなり、もう5年にもなるのかな。

 最近、東京シニア自然大学の仲間との付き合いが増え、彩の国いきがい大学の仲間との付き合いが疎遠になりつつある。皆さんだんだん年を取り、出歩くのが億劫になりつつあるようだ。9ヶ月振りとはいえ、こうやって同好の仲間が会うのは楽しい。

Dsc01506  この日私が一緒に回ったのはAkiraさん、Keikoさん、Makikoさんだ。特に、Keikoさんとはこのクラブを提唱した発起人だ。同じクラス委員として、クラスの諸問題を解決するために働いた仲間でもある。彼女も“キ”のつくほどのゴルフ好きだ。ただ、最近は忙しく、なかなかゴルフは出来ていないとのことだった。地元で民生委員をやっているらしい。

 さて、この日の私のゴルフはどうだったのだろうか。最近、自分のゴルフの法則を発見した。スタートが良ければ一日良いスコアで回れ、悪ければずるずるいってしまうという癖だ。この日は、スタートホールがパー、2番ホールがバーディと絶好の出だしだった。これは良さそうだ。

 とはいうものの、二つのロングホールでトリ・ダボと叩いてしまい、絶好調ともいえなかった。7番ホールで二つ目のバーディを決めたものの、今一だね。一番の問題は、パターがダメなことだ。15番のショートホールでは見事1オンしたものの、4パットも打ってしまった。

 ただ、工夫の効果があったのはアプローチだ。私はアプローチが苦手で、グリーン周りはいつもパターを使っていた。このパターがダメなのだ。矢張り真剣に58番のアプローチアイアンを使いこなす必要がある。私の工夫は、アイアンを短く持ち、左脇を締めて打つことだ。こんな簡単なことを思いつくまでも長くかかった。この日はうまく行った。

 さらにもう一工夫は、80%の力で打つことだ。特に短いアイアンを打つにはこれが必要だ。結果として、100ヤードくらいのアイアンを3つほどピンにピタッとつけることが出来た。そのうちの二つはバーディだった。いつもこうやって出来ると良いのだがな。

 この日は、私がベスグロだった。それにしても、良い日と悪い日が交互に来るのも困ったものだ。

この日の成績

OUT45(16) IN42(19) TOTAL87(35)

|

« №2343 なでしこ、アジアを制す | トップページ | №2345 詠む人で評価は変わる俳句評 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2343 なでしこ、アジアを制す | トップページ | №2345 詠む人で評価は変わる俳句評 »