« №2360 葉山の里海を楽しむ | トップページ | №2362 やまぼうしの咲く那須 »

2014年6月13日 (金)

№2361 W杯ブラジル大会はじまる

Photo
 いよいよ日本時間の今朝、【ワールドカップサッカーブラジル大会】がはじまった。ブラジルの国内ニュースを見ていて、本当に大会ができるのかどうかやきもきしないでもなかった。工事の遅れで、開会に間に合わなかったスタジアムもあったようだ。さらに、インフラ整備の遅れで、サンパウロのモノレールは大会終了後に完成するという。その鉄橋が落ちて人身事故、というニュースも伝わってきた。

 さらに心配なのは、ブラジル国内で根強い開催反対運動があるようだ。【サッカーよりご飯を】というプラカードも目にした。ものすごいインフレで、しかも給料はほとんど上がっていないらしい。大会に合わせてストライキという地下鉄もあるようだし、ニュースを見ていてもどうなることやらと思っていた。

 そういう心配をしながらも、いよいよワールドカップサッカーは始まった。ブラジルと日本は12時間の時差があるというから、私のような仕事をしていない人間にとっては、かえって好都合な時間だ。

 今朝5時から、開幕戦ブラジル対クロアチア戦があった。私が昨晩12時過ぎに寝たので、起きられたら観戦しようかと思っていた。ところが、明け方の4時半にばっちり目が覚めた。トイレに行き、再度寝ようかと思ったが、眼が冴えて眠れない。それじゃ、開幕戦を見よう。絶対本命といわれているブラジルが、一体、どのくらい強いものだろうか。

 試合のスタートは、クロアチアの押し気味で始まった。開始早々、クロアチアのおしいシュートが2本外れた。そして前半11分、クロアチアのセンタリングをブラジルがオウンゴールをしてしまった。ワールドカップサッカーの記録では、先制点は絶対に有利というデータがあるようだ。ひょっとするとひょっとするんじゃないのかな。これは面白くなりそうだよ。

 それにしても、クロアチアは強かったね。絶対有利な地元ブラジルで、一歩も引けを取らない。ロングパスも繋がるし、速攻にも切れ味があった。一時、ブラジルもたじたじだったのではないか。

 そこは優勝候補のブラジル、いつまでも押されっぱなしというわけにはいかない。前半29分、ネイマールの中盤からのシュートがゴールポストの右ギリギリに入った。ネイマールはブラジルの期待を一身に背負っている。相当なプレッシャーがあっただろうに、一発で決める力はやはりすごい。同点になり、がぜんブラジルが有利になった。

 後半26分、クロアチアの反則で、ペナルティキックを打ったのはやはりネイマールだった。ゴールキーパーが触ったのだが、そのまま入ってしまった。これで、ブラジルががぜん有利になった。クロアチアの健闘も及ばず、だったね。終了間際にブラジルがさらに一点追加し、終わってみればブラジルの完勝だった。ただ、クロアチアも頑張ったのではないか。

 さらに感想だが、開幕戦の審判は3人が日本人だった。主審の西村さんはよくやっていたが、クロアチアへのPKを与えたのは、少々甘かったのではなかったのかな。どうだったろうか。

 今朝5時から見て、得をした気分だ。さて、これからどういう良い試合が見られるのか。さらに、日本はどこまでいけるのだろう。楽しみな一か月だ。

|

« №2360 葉山の里海を楽しむ | トップページ | №2362 やまぼうしの咲く那須 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2360 葉山の里海を楽しむ | トップページ | №2362 やまぼうしの咲く那須 »