« №2389 6月に読んだ本 | トップページ | №2391 懐かしの神楽囃子 »

2014年7月12日 (土)

№2390 長期遠征に出発

 さて、かねてから予定していた長期遠征に出発だ。今回は約2週間の予定で、秋田へ帰郷、そのあと新潟の友達を訪ねるつもりでいる。最後は那須のゴルフ合宿が待っている。そんなに急ぐ旅でもない。カーナビで『距離優先』としたら、秋田への一番近道を指してくれた。今回はその道を通って帰ってみよう。

Dsc01888 秋田に帰るときには、どうしても那須で途中下車だ。【あるるのいえ】に一泊した。畑に行ってみたら、キュウリが巨大に成長していた。11本ほど収穫してきたが、秋田へのお土産に持っていこう。ジャガイモも掘った。食べごろだ。多いかもしれないが、段ボール一箱分ほどになったが、これも秋田に持って帰ろう。

 もちろん急ぐ旅じゃないので、高速道路は使わないことにした。一体、カーナビはどの道を教えてくれるのだろうか。

Dsc01883_4 最初は、甲子温泉から奥会津街道に出るようだ。この道は何度も通ってる。ただ台風の影響か、道には小枝や葉っぱが散乱していた。小枝を避けながらの運転に神経を使った。そして出た町が、会津若松だった。鶴ヶ城に寄ろうかとも考えたが、寄り道はよそう。会津若松の道沿いには、七夕飾りの灯篭が下がっていた。

 喜多方を通って、カーナビは米沢を指している。片側2車線のものすごくいい道だ。車の通りも少ないし、快適なドライブだった。ニュースでは、この付近は台風か梅雨前線の影響で大雨が降り、大きな被害が出たとのニュースだった。ただ、走っている分には何の問題もない。

Dsc01884 南陽市を通ったら、あちこちの山にビニールテントがかかっている。何を植えているのだろうか。サクランボかなとよく見たら、葡萄のようだ。葡萄もこれからの収穫期を迎え、台風の影響がないといいのだが。

 山形市にはバイパスがあり、街の中心を避けて走れるようになっている。ここも片側2車線で、ほとんど渋滞なしで通り過ぎることができた。国道13号線が高速企画で、無料で走ることができた。これで、結構距離を稼いだね。

Dsc01886_2
 斉藤茂吉で有名な山形県の大石田を通ったら、道路わきに最上川が見えた。茶色に濁った水の量がいつもよりも多い。これを見ただけでも、山形には相当雨が降ったと想像できた。どうやら、カーナビは酒田に出るのではなく、湯沢から由利本荘に出るようにとの指示のようだ。

Dsc01887_3 山形県と秋田県の県境の13号線沿いには、立派な赤松の林が見えた。しかも50~60年にもなる大木だ。いま全国的に赤松は、松枯病にやられている。この赤松林を維持するには、相当神経を使いそうだ。車を走らせながら撮った写真だが、果たしてうまく撮れたかな。

 秋田県に入ったらすぐに右折して、本荘の道へ一直線だ。ほとんど車も走っていない。那須から田舎まで378㎞の表示だった。カーナビの到着予想時刻は午後8時30分だ。これは、平均時速30kmで想定しているようだ。私の見積もりでは、午後4時に到着を予想した。

 到着したのが午後3時30分だった。総走行距離は513㎞だった。高速道を通って帰郷すると560㎞余りだから、50㎞も近い。走行時間も、自宅から那須まで3時間、那須から秋田まで7時間ほどかかった。二日間で10時間ほど運転したが、別に疲れは感じない。昔から長距離運転は得意なのだ。

 さらに、わが省エネ車で走ったので、ガソリンの総消費量は20ℓほどだ。1ℓ160円だったので、3200円ほどで帰ってこれた。

|

« №2389 6月に読んだ本 | トップページ | №2391 懐かしの神楽囃子 »

ふるさと秋田」カテゴリの記事

コメント

過去に郡山勤務時---会津若松---喜多方---米沢---山形---新庄経由で帰郷した記憶があります。秋田---新潟間は秋田港からフェリ-でしょうか?---二週間とはのんびりですね、楽のしみですね。

投稿: 早都 知利 | 2014年7月12日 (土) 20時49分

早戸知利さん
コメントありがとう♪
快適なドライブでしたね!
新潟にもECOなマイカーで
のんびりドライブ旅行を
しようと思っています。

投稿: シンさん | 2014年7月12日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2389 6月に読んだ本 | トップページ | №2391 懐かしの神楽囃子 »