« №2448 8月に読んだ本 | トップページ | №2450 日帰りバス研修旅行 »

2014年9月 9日 (火)

№2449 第20回いきがいゴルフコンペ

 第20回いきがいゴルフコンペが、前回と同じ会場・佐野ゴルフクラブ出流コースで開かれ、参加してきた。いきがい大学の卒業生で年4回やっているコンペだが、早いもので20回目を迎える。ただ、問題がないわけではない。

Dsc02377
 皆さん年々年を取ってきて、参加者が少なくなってきている。今回は2組、8名だった。何人か参加予定者もいたのだが、体が悪かったり、急に用事が入ったとかでドタキャンが相次いだ。8人の参加で、若干淋しかったね。

 まあ、それでも元気にスタートしよう。私は、第一組でオーナーだった。それにしてもゴルフは難しいね。前回は良いスコアで上がったこのコースだったが、この日は思うようにはいかなかった。なぜか考えてみたのだが、スタートのドライバーを物凄く力んで打った。力まないように、力まないようにと念仏のように唱えているのだが、いざとなるとどうしても力んでしまう。これがゴルフにとって一番悪い。

Dsc02378 距離も飛ばなかったし、何より深いラフに入れてしまった。それにしても、この日のラフは深かったな。チョロを2回も繰り返し、グリーンに乗った時にはすでに4回も打っていた。それ以降も、ドライバーが驚くほど飛ばない。一緒に回った79歳のTokuさんにも負けたくらいだ。ひどいもんだ。

 それにしても一緒に回ったTokuさんは驚くほどよかった。スタートはボギーだったが、2番ホールはバーディを奪った。残念だったのは4番ホールでだ。ロングホールでちょっと右に曲がったなと思ったが、OBになるほどでもない。ところが、深いラフではいくら探しても見つからなかった。残念ながらロスト扱いになった。それで崩れてしまった。ただ、近いうちにはエージシュートが期待できる。

 それにしてもゴルフは難しいね。前回クリアしたと思った課題が、再度前を塞ぐ。ある問題をクリアしたと思ったら、次の課題が出てくる。難しいからこそ、ゴルフはいつまでたっても飽きないスポーツだ。

Dsc02380 良かったこともあった。前回、全然前が見えないと嘆いていたTsutomuさんだが、7月に白内障手術したら、見えすぎて困るくらいだ、と言っていた。前回はグリーンに立っている旗が見えず、あてずっぽうに打っていたらしいが、この日はよく見えたらしく、素晴らしいショットを放っていた。

 加齢に伴い、だれでもどこかが悪いと嘆いているが、よくなる病気もある。まあ、自分の体と相談しながら動き回るのが良いのだろう。

Dsc02382 前回優勝したHirokoさんは、この日はさっぱりだったね。やはり深いラフに入れたのが振るわない原因だったかしらね。ただ本人が悩んでいたのは、ショートパットが打てないことだった。1~2mのパットがことごとくショートするのだ。無責任な私は、「女らしくドンと打ったらいいんだよ」とアドバイスした。

 そういえば、私のこの日のロングパットは素晴らしかった。Hirokoさんが惚れ惚れするほど、14~15mのパットをOKに寄せられたのだ。さっらに、あれほど悩んでいたアプローチも良かったね。16番ホールでは、58番アイアンでノーズロバーディを奪った。

 考えてみたら、この日の問題はドライバーだったかな。問題を一つ一つクリアするのも、ゴルフの大きな楽しみだ。

この日の成績

OUT48(19) IN45(14) TOTAL93(33)

|

« №2448 8月に読んだ本 | トップページ | №2450 日帰りバス研修旅行 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2448 8月に読んだ本 | トップページ | №2450 日帰りバス研修旅行 »