« №2457 オンマウスの勉強 | トップページ | №2459 ブログを見に来てくれるのは何時? »

2014年9月18日 (木)

№2458 御岳~日出山ハイキング

Dsc02485 この日の東京シニア自然大学の講座は、「御岳山~日出山ハイキング」だ。8月中旬にレンゲショウマ観察会で、この御岳山は訪ねたばかりだ。ただ、今回は御嶽神社下で前回のコースと別れ、日出山に向かう。林さんという御岳ビジターセンターのインタープリターが一緒だ。

Dsc02491 前回と同じようにケーブルカーに乗り、御岳山駅に着いた。そこから御岳ビジターセンターまで歩き、そこでこの日のコース説明をしてくれた。このビジターセンターから日出山頂上までは、約1時間半ほどの山道だ。

 前回来た時にはレンゲショウマが満開で、凄い人出だった。ただ、今回は再び静かな山に戻っていた。

Dsc02492
 このビジターセンターから少し歩くと【馬場家】という由緒のある御師の家がある。昔は、この辺は皆このような茅葺屋根だったらしい。今では2~3軒を残すのみらしい。屋根には沢山の雑草が生い茂っている。20~30年にいっぺん葺き替えるらしい。

 われわれ東京シニア自然大学の受講生は、ずいぶん野草に詳しくなった。道のわきに咲く野草を見つけては、これは何かと立ちどまる。野草観察に時間がとられ、遅々として前に進んでいかないのだ。なかには「野草辞典」を携えてきて、調べている人もいる。

Dsc02497Dsc02502 こうやってみると、結構野草が多いものだ。ずいぶん写真に収めたつもりだが、ダウンロードしてみるとピンボケが多かった。

 比較的よく撮れていたのが左のミゾソバ(ウシノヒタイ)と右の写真ヤマジノホトトギスだ。野草は、その場で聞いただけではすぐにその名前を忘れてしまう。メモ帳を用意して、すぐにメモをとるようにしている。メモ帳に残っている野草の名前は、上記以外にキバナアキギリ、ミズヒキ、ツルニンジン、トラブキ、シラネセンキュウ、ヌスビトハギ、ツルリンドウ等だ。

Dsc02504
 目的地の日出山頂上に着いたのは、12時20分ころだ。登頂記念に全員で写真を撮り、昼食タイムだ。生憎この日は曇りがちだったが、目の前はるかにドーム状のものが見える。あれはいったい何だろうか。インタープりターの林さんに聞くと、埼玉の西武ドームだという。

Dsc02501 そもそも、このハイキングは6月中旬に予定されていたが、雨で中止となった行事だ。何が幸いするのかわからない、この日は暑からず寒からずのちょうど良い気候だった。風も爽やかで、快適なハイキング日和だったね。

 それにしても、山道沿いに植えられている杉や桧の立派なことだ。もう70~80年もたっている木だろうか。10mにもなる樹がまっすぐ立っていた。建材としても、通用するだろうね。

Dsc02508 帰りは、この日の最大の楽しみである【生涯青春の湯 つるつる温泉】に入浴して帰って来た。PH9.9とアルカリ分が強く、肌が本当につるつるしてくる。湯上りの生ビールも美味しかった。

|

« №2457 オンマウスの勉強 | トップページ | №2459 ブログを見に来てくれるのは何時? »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2457 オンマウスの勉強 | トップページ | №2459 ブログを見に来てくれるのは何時? »