« №2463 ゴルフ遠征二日目 | トップページ | №2465 恩田の谷戸を訪ねる »

2014年9月24日 (水)

№2464 自主講座の下見

 東京シニア自然大学の講座の半分は、自主講座だ。自分らで企画を立て、下見をして、当日の講座を主導する。それぞれの会員が、年に2回か3回の講座を担当している。私は会員のWakiさんとともに、10月末に開講する講座の担当だ。

 講座の内容は、東京都港湾局が主催する『新東京丸』に乗船し、東京湾を視察する。私は2度ほどこの船に乗ったが、感動ものだった。しかも無料で、1時間半のクルーズだ。皆さんにもこの感動を共有していただきたいと思った。さらに、午後は近くの【浜離宮】で東京の名庭園散策をする。ここでも、あらかじめボランティアガイドを依頼しておいた。

 『新東京丸』は競争が激しく、なかなか予約が取れない。朝8時から電話を入れても繋がらなかった。ようやく繋がったと思ったら、予約でいっぱいという。やむをえなく、翌日の予約をした。

 この日は、担当のWakiさんと当日の下見をしてきた。前々から、「下見をするなら私も連れて行って」といっていたゆきんこに声をかけた。彼女も一緒に行くというので、3人で下見だ。

Dsc02538 JR浜松町北口に集合し、まず行ったのが『新東京丸』が出港する竹芝小型船ターミナルだ。駅からゆっくり歩いて10分少々だ。当日の船はすでに出港したらしく、ターミナルはガランとしていた。

 『新東京丸』の予約は最低20人なので、何とかそれ以上の人数を集めなければならないな。知り合いや親族にも声をかけてもらいたいものだ。私は川崎の姉と横浜の姉に声をかけたら、ぜひその船に乗りたいと言ってくれた。

Dsc02544
Dsc02545 30分くらいの下見を終えて、次の目的地は【浜離宮】だ。歩いて20分くらいだった。入場料は、65歳以上が150円だ。大手門入口で、【音声ガイダンス】の機器を無料で貸してくれた。その機器を首から下げ、庭園を散策した。ビューポイントは30か所ほどあるようだが、われわれは主要な場所を確認するだけにとどめた。

Dsc02546 入口にすぐ脇にあるのが【三百年の松】だ。六代将軍家宣の代に植えられた黒松だ。太い枝が低く張り出し、都内でも最大の松だという。

Dsc02548 庭園のあちこちには彼岸花(曼珠沙華)が咲いていた。そういえば、彼岸花の見える季節になった。前からそうだったのか知らないが、どこにも咲いているね。しかも念のいったことに、秋の彼岸になるとぴったり咲く。

Dsc02555
 浜離宮は徳川将軍家の庭園で、豪壮そのものだ。東京湾がすぐ近くにあり、池の水は海水だ。池の魚は海の魚で、マハゼ、ドロメ、チチブ、ボラ、ビリンコ、マルタlクグイ等だと表示板には書いていた。

Dsc02554 池の真ん中にお茶屋があり、抹茶を供してくれるらしい。覗いてみたら、結構外国人観光客が多かった。神妙に抹茶を飲んでいる姿は、微笑ましかった。

Dsc02560 庭園の中には神社があり、花嫁花婿が写真を撮っていた。了解を得て写真を撮らせてもらった。お話を伺うと、結婚式の前撮りだという。

 結婚式の当日は忙しく、写真を撮っている暇がない。そこで、あらかじめ前撮りをしておくのだそうだ。なるほど、そういう習慣があるものなのだ。

Dsc02561 一時間ほどの庭園下見を終えた。さて、お昼ご飯を食べて解散しよう。どこに行こうか考えていたら、Wakiさんが「築地に行って寿司を食べよう」という。そういえば、この庭園から築地はすぐだ。

 ある寿司屋で海鮮丼をいただいた。ゆきんこは築地が初めてらしく、感激していた。それにしても、平日の昼というのに、凄い人出だった。外国人観光客の多いのにも驚いた。

 自宅に帰り、早速シラバスを作成して【掲示板】にアップしておいた。当日は晴れると良いね。

|

« №2463 ゴルフ遠征二日目 | トップページ | №2465 恩田の谷戸を訪ねる »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2463 ゴルフ遠征二日目 | トップページ | №2465 恩田の谷戸を訪ねる »