« №2516 第23回合同研修会 | トップページ | №2518 二つのワークショップに参加 »

2014年11月16日 (日)

№2517 清里ミーティング2014に参加

 【清里ミーティング2014】が開かれ、参加している。わが東京シニア自然大学を主催する【日本環境教育フォーラムJEEF】の会合は、環境教育に関心のある人たちの集まりで、28年間続くという。私は初めての参加だ。この会合は、土曜日から月曜日までの3日間開かれている。

 このミーティングに誰かを派遣しようとの議論が、わが東京シニア自然大学NEXTでなされた。手を挙げる人がいなく、私とくにちゃんの二人が参加することになった。会員からはたくさんのカンパが集まった。

 会合参加の準備で、仲間のYamahiroさんはパワーポイントで『東京シニア自然大学の活動紹介』を作ってくれた。また、Fujitaさんが作ってくれたのはポスターだ。主催者からの連絡で「名刺を持ってくるように」というので、私は名刺を60枚作成した。さて、このミーティングで何枚を渡すことができるのだろうか。

Dsc03247_2
Dsc03239 自宅から清里までは車で来た。約3時間半かかった。初めての場所だが、カーナビで問題なく到着できる。【清里清泉寮】は広大な場所だった。何でも、キープ協会が所有するところのようだ。

 早速受付を通した。この日は、約200人が参加する一大イベントだ。見渡してみると、若者が多い。主催者の資料によると、参加者の三分の一が20代で、30代・40代がそれぞれ20%、50代が18%で、私のような60代の参加者は6%と少なかった。

 それにしても、偶然ってあるものだね。部屋に荷を解いた。同室者は4人だ。早速、名刺の交換をした。そのうちの一人の方と話していてわかったのだが、20年ほど前、息子がヤップ島に行くプログラムに参加した時の同行者だという。名前を言うと、知っていた。「彼は仲間となじまないで、苦労したことを覚えている」と話していた。

Dsc03244 到着早々に始まったのが『ESD入門講座』だ。ESDって何だ?私には聞きなれない言葉だ。「持続可能な開発のための教育」だという。先週の月曜日から水曜日まで、名古屋と岡山で世界140数か国が集まって、ESD世界会議があったらしい。私はそのニュースを見落とした。

 第一日目は、このESDをめぐる会議が主だった。ワールドカフェ方式・ディスカッションで、「ESDと私」という円卓協議がなされた。

Dsc03258_2 これがまた面白かった。大きな丸い段ボールの紙を膝の上に乗せ、自己紹介やESDへの思いを話しながら書いていく。グループリーダーが、その話をまとめる。

 一段落したら、組の交代だ。3回ほど交代して、また元に戻る。それぞれどういう話をしたのかを、最後に紹介しあった。ある方が言っていたが、「『持続可能』という言葉と『開発』は、矛盾している。なかなか理解されない大きな要因ではないか。」私もそうかなと思った。

 そのあとに行われた『10分プレゼンテーション』がまた面白かった。それぞれのグループが、自分のアクションを10分間で発表するものだ。夕方4時から夕食をはさんで9時まで、34の発表があった。全部聞くわけにはいかないので、選択して9つのグループの発表を聞いた。

Dsc03274Dsc03273


 夜9時過ぎから始まったのが、情報交換会だ。任意にテーブルに座り、自己紹介から自分の活動を紹介した。

 何度か座の交代をしたのだが、日本語が全然できない中国からの方と一緒になった。身振り手振りで、英語で意思を通じた。成都から来た方のようで、企業から派遣されたのかな。中国の現状の報告をしていた。

 11時ころで一次会を終わり、二次会に移るという。私は部屋に帰った。

|

« №2516 第23回合同研修会 | トップページ | №2518 二つのワークショップに参加 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2516 第23回合同研修会 | トップページ | №2518 二つのワークショップに参加 »