« №2566 漬物の評判 | トップページ | №2568 12月に読んだ本 »

2015年1月 5日 (月)

№2567 鷲宮神社へ初詣

Dsc03831 鷲宮神社に初詣に行ってきた。もう三が日も過ぎているので、空いているころだろうと思った。ところが、延々と車の列だ。認識が甘かったね。

 このところ4~5年は、鷲宮神社の初詣を恒例としている。それまでは大宮の氷川神社に行っていた。鷲宮神社に来てみて分かったのだが、他の神社と有難味が全然違うのだ。ばらばらと神社の前に集まり、遠くからお賽銭を投げて、お祈りする形式ではない。一列づつ並んでお参りするのが良い。

Dsc03835 それだけに、延々と人の列は続く。ただ、この日は例年の3分の一程度の列だった。矢張り三が日を過ぎたのだ。辛抱強く、この列に並んだ。とはいっても30分程だったかな。そうだ、私の財布の中に、昨年この神社で貰った【冨久福銭】が収まっている。これを返した方が良いかな。

 【古いおふだ おまもり 人形 納め所】に行って聞いてみた。「古いのは納めて下さい。新しいものを配っていますから」というので、古いお守りは納めた。

Dsc03839
Dsc03841 さて、われわれの順番がきた。二礼二拍一礼の初詣を済ませた。何か、心が洗われる感じになるのは不思議だ。例年、この正殿の隣には福娘がいて【冨久福銭】を手づから渡してくれるのだが、三が日過ぎた日は、冨久福銭を置いているだけだった。

 一個いただいて、早速財布の中に納めた。おまじないじゃないが、財布の中に入れておくと、一年間無事なような気がする。そういえば三年ほど前、このお守りを自慢したら、くれという友だちがいて、あげたことを思い出す。あれって、ありだったのかな。

Dsc03842 初めてのことだったが、お御籤を引いてみることにした。今年の運勢は【大吉】である。こいつは春から縁起が良い、と喜んだ。そしたら小吉を引いた女房が、「大吉を引いたら、その後は運勢が下がるしかないのよ」などと言っていた。

 さて、今年はどういう年になるのかな。

 

|

« №2566 漬物の評判 | トップページ | №2568 12月に読んだ本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2566 漬物の評判 | トップページ | №2568 12月に読んだ本 »