« №2583 メルボルンで注目の二つの試合 | トップページ | №2585 糖尿病を宣告される »

2015年1月22日 (木)

№2584 谷根千のBセンスさんぽ

 今年最初の【東京シニア自然大学NEXT】の講座があった。この日は、谷根千を歩きながら、いきもの・くらし・まちを見て歩こうというものだ。手法は【Bセンスさんぽ】だ。

Dsc03939 朝礼で参加者から、「Bセンスとは、B級グルメのBなのか」という質問が出た。この日の講師Kuniyasuさんからの説明で、「BセンスのBとは、生物多様性BiodiversityのBだよ」との説明を伺い、納得していた。

 さてそのやり方だが、この日参加の17名を3班に分け、それぞれの班が『Bセンス識別チャート』に基づいて、点数をつけていこうというものだ。最後にその点数を集計して、レーダーチャートにして、各班が何を見てきたのかの反省会をするのが目的だ。チェックポイントは11か所だ。

 それにしても、この日は寒かった。集合地を出発したら、ちらほら雪が降っていた。天気予報では、夕方から雨というもので、予想と違うのではないか、とブツブツ言う人もいた。

Dsc03945 まあ、それでも歩き始めると、街の再発見に夢中になっていた。最初のチェックポイントは【はん亭】という串焼屋だ。木造三階建ての建物には、「登録有形文化財」のパネルが張っていた。

 先日下見に来て聞いたのだが、一晩お酒を飲むと優に1万円を超えるとのことだ。「この店は、お昼御飯だとリーズナブルだよ」と話していたのが、仲間のWakiさんだ。私が3班の記録係を務め、この建物には「歴史的建造物」の5点をつけた。

Dsc03947 さらに、しばらく歩くと【玉林寺】だ。ここは、Bセンスさんぽの宝庫だ。ここでチェックして点数つけたのが、①クスノキ・ヒマラヤスギの大木に5点、②右近の橘に3点、③300年前の寺の戒壇・柱に5点、④ポンプ付きの井戸に1点、⑤防空壕に5点、⑥スダジイの大木に5点、⑦山茶花にとまるメジロに5点、⑧池の鯉に5点だ。

 仲間でいろいろ発見しながら、それのどこに点数を何点つけるのか、ワイワイ話しながら歩いた。

 この付近は、谷中の寺町が多いところだ。あるお寺では、その寺の大黒さんが出てきて話してくれた。「この周辺は、日蓮宗が多いのよ。江戸時代にお寺さんの疎開があり、寺町でまとめられたのです」と話していた。「町の中で気軽に会話ができる人がいる」の5点をつけた。

Dsc03953 みかどやパン店角にあるヒマラヤスギも、この町のシンボルだ。このヒマラヤスギは、このパン屋さんがバケツで育てていたのが、大きくなり過ぎて移植した木なのだそうだ。このきも、「胸の高さで直径が70センチ以上の木」で5点だ。

 仲間が、「生垣もあるし、椿も咲いている、夏ミカンもなっているよ」と指摘した。それも、それぞれ点数をつけていく。

Dsc03955 

 小さな小路を歩いていると、「世継地蔵」があり、お稲荷さんもあった。これも「歴史的建造物、お地蔵さまや道祖神がある」項目でそれぞれ5点だ。

Dsc03956 ある民家の庭には冬桜が咲いていた。「これはどの項目で何点か」と話していたら、やはり街歩きをしていた別のグループの方から、「何をやっているんですか」と質問があった。趣旨を説明したら、「我々のように漫然と歩いているんじゃないんですね」と感心された。

 それにしても、こんなに寒いのにもかかわらず、街歩きをしているグループが多いのには驚く。そしたら、「天気が良ければ、こんなものじゃないよ」という仲間の話だった。

 歩いているうちに、お腹が空いてきた。時計を見るともうお昼だ。谷中銀座の好きな食堂に入り、各自お昼ご飯を摂ろうということになった。私は食堂に入る前に、コロッケとところてんを食べた。

Dsc03965 そして、入った食堂には呑み助が偶然に集まっていた。お昼から鰻重を食べるのだという。その前に、寒いから熱燗を飲もうと話した。寒かった身体も、熱燗でホカホカしてきた。

 午後のチェックポイントは六か所。岡倉天心記念公演を出発した。大きなチェックポイントは【千駄木ふれあいの森】と【根津神社】だ。

 千駄木ふれあいの森では、通りかかりの女性にいわれを聞いたら、自宅に帰りわざわざ【屋敷森通信】を持ってきてくれた。下町の人は、皆親切だ。この通信を持ってきてくれた人にも、「気軽に会話ができる人がいる」の5点をつけた。

Dsc03968 最後は根津神社だ。ここの神社には、いくらでも点数をつける対象物がある。しかし皆疲れていた。「これだけたくさん点数をつけたのだから、もういいのじゃないか」という人もいた。

 それでも、①庚申塔、②クスノキの大木、③トウカエデの大木、④池と鯉にも点数をつけていった。

 さんぽも無事に終了し、近くの【不忍通りふれあい館】の会議室でチャート作りだ。記録用紙に基づいて、チャートに印をつけていった。

Dsc03969
Dsc03970 わが班のチャートは、上のようになった。各班で描く図が違ってくる。講師のKuniyasuさんが、それぞれ説明をしてくれた。面白いのは、冬だから植物や動物はあまり目に着かなかったが、暖かくなると違う図になることだ。また、別の季節に同じ場所をBセンスさんぽで歩いてみたいものだ。

|

« №2583 メルボルンで注目の二つの試合 | トップページ | №2585 糖尿病を宣告される »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2583 メルボルンで注目の二つの試合 | トップページ | №2585 糖尿病を宣告される »