« №2632 庭にもかすかな春の足音 | トップページ | №2634 2年振りの再会 »

2015年3月11日 (水)

№2633 東日本大震災から4年

 この日で、東日本大震災が起こってから丸4年になる。被災者はもちろんそうだが、この4年で様々なものが様変わりした。

 人間は忘れやすい動物だ。何が起こったのだろうか、あらためて2011年3月の私のブログ記事を読んでみた。読んでみたら、20,000人弱の死者行方不明者が出たのは、この時点ではまだ分かっていない。震度も8.8と書かれている。実際は震度9だった。

 1000年に一度といわれる巨大地震だった。いまでも、リアルに津波が街を飲み込むテレビ画面は、忘れられない。波に飲み込まれていく人の姿が映し出されていた。多分、助からなかったのだろうね。

2012_0531_083135p5310007 この4年、私は被災地を4度ほど訪れた。ボランティアとしても仲間と連れだって、2度ほど行った。私に何ほどのことが出来たとも思わない。ただ、あの被災現場の生の姿を見ただけでも、凄い地震だったと実感した。

2012_0603_094807img_7997 被災現場で一番むごいと感じたのは、石巻の大川小学校だ。学校の校庭で、80人あまりの生徒先生が犠牲になった。地震が起きて、しばらく校庭に並んでいる間に、津波に巻き込まれたという。この学校のすぐ裏山は、充分に津波を避ける高さがあったのに、その裏山には逃げなかった。今から考えると想定外の津波だったのだろうが、なぜ逃げなかったのか考えると、それにしても悲惨だと思った。

 地震での最大の被害は、福島原発の事故だ。これも想定外と関係者はいっているが、原発事故の悲惨さに思い至らなかった関係者は、いくら責められても責め足りない。【原発は安い電源だ】と従来からいわれていたが、いったん事故が起きてしまうとこれほどコストのかかるものはない、と肝に銘じるべきだ。

 この事故を経験した日本こそ、世界に向かって原発廃止の旗振りをするべきなのだろうが、相変わらず原発再稼働を唱えているのはどうしたことだろうか。原発事故以来、原子力発電所はほとんど動いていない。それにもかかわらず、日本の電力は賄われていた事実がある。少々コストがかかっても、原発はやめるべきだ。

 原発には、もう一つ、解決できない大きな問題がある。原発から出た廃棄物だ。放射能を含んだ廃棄物の処理法がないのだ。従って、廃棄物は垂れ流されている。小泉元総理が「原発やめるべき」と提言しているが、彼の主張に同調できない私にも、この点だけは一致できる。

 未だ10万人に上る行き所のない被災者がいる。一刻も早い復興を願うのが、皆さんの一致するところだ。

2012_0601_082059p6010001 心強い点もある。随分多くの方が、ボランティアとして被災地の支援に乗り出したことだ。私たちがマスコミを通じて知る以上に、被災地に乗りこんでいる人がいる。私がボランティアで南三陸町に行ったら、大分から軽自動車で駆けつけ、その車に何カ月も寝泊まりしながら支援を続けている、という70歳くらいのおじさんに出会った。私たちの眼には見えないが、たくさんのこういう人たちがいるのだろう。

 何しろ1000年に一度の歴史的な災害に立ち会ったわれわれであるが、これからも自分が一体何が出来るのかを一生懸命考えて行きたい。

 

|

« №2632 庭にもかすかな春の足音 | トップページ | №2634 2年振りの再会 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

早いもので震災から4年経過しましたね!。いきがい大学の卒業式も中止となったのを思い出します。被災地へのボランティア大変でしたね。有難うございました。津波や原発事故の被害からの復興まだまだこれからですね。特に原発は廃炉にするのに40年はかかると言われており、原発依存の問題点は大きいですね。今月14日から仙台で国際防災会議(日本で3回目の開催)が始まると思いますが、是非今回の災害を生かさなければと思います。インターネットサイトの「gacco」(ガコ)で無料講座を今やっています。「東日本第震災を科学する」コースでビデオ講座で東北大学「今村文彦教授」が講義しており、PCへのビデオ等ダウンロードもできます。2月25日開講し4週間で
閉講となるので興味のある方はすぐチャレンジを!。

投稿: メイメイヤギ | 2015年3月11日 (水) 21時50分

めえめえやぎさん
コメントありがとう!
いつもわがブログを読んでくれているようで感謝感激です。
今日で東日本大震災から丸4年になります。
今日は東京に出ていたのですが、
ちょうどあるデパートで2時46分に
「皆さん、黙祷をお願いします」という
呼びかけがなされていました。
私ももちろん、その場で黙祷しました。
ひどい目にも会いましたが、
歴史の前面に立っているんだなと実感もしました。
なにしろ、1000年に一度の大災害です。

投稿: シンさん | 2015年3月11日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2632 庭にもかすかな春の足音 | トップページ | №2634 2年振りの再会 »