« №2635 今年の修学旅行はどこに? | トップページ | №2637 長崎から福江島へ »

2015年3月14日 (土)

№2636 長崎市内見学

 長崎空港には、20分遅れの到着だった。天気は良かったが、風が冷たいね。周りを見回したら、長崎空港は海の中だった。風が冷たいわけだ。今回の長崎は初めての訪問という人が、横浜の姉を含めて2~3人いた。この日は、長崎のポピュラーなコースを歩いてみよう。バスをチャーターした。

Img_0256 長崎平和公園で、長崎在住の現地合流組二人Tokikoさん、Shimadaさんと会った。そのうちの一人Shimadaさんは、外国人向けに長崎の観光ガイドをしている人だった。「私が長崎市内を案内しましょう」と言いうから、ラッキィだった。

 私は、一度4年ほど前に長崎を訪ねている。その時は仲間5人ほどで、ガイドも立てなかった。東京シニア自然大学NEXTの経験からいっても、ガイドがいるといないでは印象が全然違う。

Img_0254 平和公園での原爆被害について、詳しい説明が聞けた。前回行けなかった原爆投下中心地も見た。彼女の話では、「毎年、被災者の更新をしている。平成26年8月9日現在の死者は165,409名だが、被災者が年々高齢化して、亡くなる方は少なくなっている」とのことだ。

 一瞬のうちに亡くなった人が75,000人余り、その後亡くなったのがやはり75,000人余りだそうだ。

Img_0251 その平和公園のそばを流れていた下の川では、原爆投下時に工業高校の生徒が泳いでいたらしい。原爆の4000度の熱で、内臓も含めて一瞬のうちに炭化して見つかったという説明を聞くにつけても、酷いと思った。

 平和公園周辺の周りの人は、ほとんど死んでしまったが、防空壕に隠れていた少女一人が助かった、という話もガイドでなければ聞けに話だ。永井隆博士の業績にも、思いを新たにした。

Img_0261
Img_0272 平和公園の『平和祈念像』の前で、参加者で記念写真を撮った。そして向かったのが浦上天主堂だ。ここでも、原爆にまつわるたくさんの話を聞いた。天主堂の中には、原爆で黒変しているマリア像があった。ただ、これはレプリカだそうだ。

 さらに、このすぐ近くにある浦上キリシタン資料館で、キリシタン受難の資料を見て回った。さてお腹が空いたね。お昼は何を食べさせてくれるのだろうか。

Img_0275 長崎名物の卓袱(しっぽく)料理店が用意されていた。この店の玄関には、「歓迎シニア自然大学様」の看板がかかっていたのには恐縮した。

 坂本屋という店で、120年の歴史を持っているのだそうだ。一体、卓袱料理とはどういう料理なのだろうか。

Img_0278
Img_0277 テーブルに5皿ほどが並べられた。お刺身、鱶の蒸し物、黒豆など並んでいたが、まず最初に鯛のスープを飲むのがマナーだという。これにはお餅なども入っていた。それぞれの料理を、担当の女性が説明してくれた。

 一皿食べるごとに、次の料理が運ばれた。言ってみれば京懐石のようなものかな、と話し合った。それぞれが、空いたお腹にはものすごく美味しかった。最後に出てきたのがお汁粉だ。

Img_0286Img_0287


 長崎は原爆被災地であると同時に、キリシタン受難の地でもある。様々な記念碑が残されている。その一つ【日本二十六聖人殉教地】が、次の訪問先だ。

 何といっても良かったのが、記念館で説明してくれた宣教師のお話だ。日本のキリシタンの歴史から殉教まで、わずか30分ほどでコンパクトに教えてくれた。長崎に来なければ聞けない話だった。この記念館では、キリシタン受難にまつわる興味のある展示品を、たくさん見ることができた。

Img_0289
 そして向かったのが大浦天主堂だ。この教会は日本最古の建物で、国の重要文化財に指定されているのだそうだ。窓から差し込む陽の光がステンドグラスに当たり、様々な変化をしているのを面白く見た。

Img_0294 大浦天主堂のすぐ裏が、今日の大きな目的地であるグラバー亭だ。ここも天気が良かったので、庭園から眺める長崎港が素敵だった。さらに、ガイドのグラバーにまつわる話に耳を傾けた。

 グラバーは大儲けをした商人でもあったが、明治維新のどさくさで、多くの大名からの代金を踏み倒され、黒字倒産したとは知らなかった。

Img_0300 さすがわれわれシニアは、いろいろと連れまわされて疲れてしまった。グラバー亭の中にある自由亭で一休みをした。ここで飲んだコーヒーとカステラが美味しかったね。

 せっかくグラバー亭に来たのだから、全員で記念写真を撮ろうよ。

 Img_0302

Img_0316 夜は、長崎ちゃんぽんと皿うどんで、豪華なディナーだった。ここにはTokikoさんのご主人、福岡から駆け付けたIshibashiさんも加わった。そしてこの日の締めは、世界三大夜景の一つともいわれる、稲佐山から長崎の街の夜景見学をした。

 一日目にしてテンコ盛りだったね。

|

« №2635 今年の修学旅行はどこに? | トップページ | №2637 長崎から福江島へ »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2635 今年の修学旅行はどこに? | トップページ | №2637 長崎から福江島へ »