« №2667 第79回マスターズゴルフの観戦 | トップページ | №2669 山登りを楽しむ »

2015年4月15日 (水)

№2668 今月の男の料理教室

 毎月【男の料理教室】の定例会をやっている。奇数月には県活で調理を、偶数月には美味しいものの食べ歩きである。今月は、食べ歩き月間だ。わが第4班の担当だ。どういう趣向を凝らそうか。

2015_0410_154111dsc046632015_0410_154000dsc04660


 田島ヶ原のサクラソウを見物し、浦和の麦とろバイキングでどうかと提案したら、賛同を得た。

 開催日の数日前に下見に行ってきた。自宅から車で30分程だ。サクラソウもノウルシも見ごろを迎えていた。問題は当日の天気だ。ところが、小雨模様だ。小雨決行で行こうよ。

 朝9時半に武蔵野線西浦和駅集合だ。当日の参加者は8名と、ちょっと寂しかった。自生地は歩いて20分程の所にある。道々Onちゃんの悩みを聞きながら歩いた。今年度、連協会長を引き受けたのだが、いろいろ悩みは深そうだ。

2015_0410_154730dsc04681
 自生地にはテント小屋が立っており、ボランティアガイドを引き受けるという。40分程だが、ガイドの話を聞きながら回ろう。矢張り話を聞きながら回るのはいいね。ここに咲くサクラソウは、国の【特別天然記念物】に指定されている。【特別】といわれるものは、屋久杉など全国に72しかないのだそうだ。

2015_0410_154023dsc04661 そのガイドの方は、会長のようで、ここを守る悩みを話していた。先ず第一に、すぐ近くにスーパー堤防が出来、荒川の氾濫が止まったのは良いが、栄養物が流れてこなくなったという。土地が痩せるとともに、花に勢いがなくなったと嘆いていた。

 サクラソウの勢いがなくなるとともに、ノウルシが勢いを増してきたのだそうだ。ただ、これも絶滅危惧種に指定されている植物だという。

Dsc04695 もう一つの大問題は、荻が蔓延ってきて、土地の栄養を奪っていくのだそうだ。そういえば、あちこちに強い根が見られた。

 そういう原因も相まって、ひところは150万本もあったサクラソウが、今では80万本ほどと半減したのだそうだ。国・県・市・埼玉大学で対策を練っているところ、との話だった。

 ただ、この地にはサクラソウやノウルシだけではなく、250種もの植物が自生している野草の宝庫だという。

2015_0410_154250dsc04668_2
Dsc047002015_0410_154422dsc04673


 それぞれに名前を書いている立札があったが、ここに3種類ほどを紹介したい。サクラソウはピンクの色だが、白花サクラソウという珍しい種類も咲いていた。さらに、アマドコロ、ツボスミレなども珍しかった。

 生憎の雨の中の見物だったが、その分、見物客は少なかった。さて少し早いが、バスで浦和に出よう。駅までは25分程だった。

Dsc04706
 お昼の麦とろ屋さんは、午前11時半開店だという。まだ20分ほど時間があった。この店を見学していたら、【御殿飾りびな】が飾ってあった。何でも京都で開かれた博覧会に出品したもので、この御殿だけで、家一軒が建つほどの貴重なものだそうだ。組立てにも2日間ほどかかる代物らしい。

Dsc04708 開店にはちょっと早かったが、用意が出来たというので入店した。私は麦とろが大好きだ。食べ放題ということなので、3杯もお代わりをしてしまった。一緒にいた仲間は、あんぐり口を開けて呆れていたね。

 お陰様で、夕食もいらないくらい、お腹が張っている。糖尿病予備軍だというのに、懲りない症候群だね。

|

« №2667 第79回マスターズゴルフの観戦 | トップページ | №2669 山登りを楽しむ »

街歩きの楽しみ」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2667 第79回マスターズゴルフの観戦 | トップページ | №2669 山登りを楽しむ »