« №2711 国内旅行に出発 | トップページ | №2713 加賀カントリークラブ »

2015年5月29日 (金)

№2712 金沢に到着

 まっきぃには「金沢でゴルフをやるときには、雨に会うのを覚悟してね」と注意されていた。それほど雨の多い街とのことだ。

 自宅の駅に午後2時に集合して、金沢に向かった。カーナビで設定すると460㎞とのこと、まあ、約5時間だと見積もった。圏央道の桶川ICで入り、関越道⇒上信越道⇒北陸道と、ほぼ高速を走ることになる。

 渋滞もなく、順調に走った。私も気分に乗り、快適に飛ばしていた。そしたら、同乗者が「時速156㎞も出ているよ」というので、われながら驚いた。調子に乗ってアクセルを踏んでいたら、この車を買って初めてのことだが、最高時速が出ていた。

Dsc05148
 そんな急ぐ旅でもないと、その後は慎重運転に終始した。富山県の黒部付近に到着したら、立山連峰の白い山脈が見えた。そして、間もなく日没を迎える。能登半島に沈む夕日を見て、皆で感激していた。

 金沢郊外のICに到着したら、目標の午後7時ぴったりだった。そこからまっきぃの生家までは、車で15分ほどだった。運転免許証のないまっきぃにとって、金沢市内の案内はとっても苦手だったようで、むしろ車についているカーナビのほうが正確だった。

 彼の家は建って40数年ほどという。立派な家だった。ただ、人が住まなくなって30年も経つというが、宿として泊まるのには十分だった。

 ひと息つく間もなく、夕食会場に行った。まっきぃの家から歩いて5分ほどのところだ。ちょっとした小料理屋だったが、メニューはすべて時価金額のようで、一体いくらかかるかわからない。

 それでも調子に乗って、金沢名物の料理を次々と注文した。焼き魚のノドグロ、岩牡蠣、お刺身、治部煮等々だ。残念ながら季節ではないというので、越前カニと寒ブリには会えなかった。

 お酒も地酒の【立山】を飲んだ。私は初めて飲む酒だったが、とても美味しかった。まっきぃたちが燗酒を飲むのに対し、私は常温だったが、これがこの酒を飲むのに好い具合だと思った。

 この居酒屋には2時間半もいただろうか、良い具合にお腹の調子も落ち着いてきた。さて、明日は朝が早いので上がることにしよう。幹事のまっきぃに財布は任せっぱなしだったが、「だいぶ予算をオーバーしたよ」とブツブツ言っていた。

 私にとっても初めての金沢だ、まあ小さなことは気にせずにどんと行こうよ。

| |

« №2711 国内旅行に出発 | トップページ | №2713 加賀カントリークラブ »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2711 国内旅行に出発 | トップページ | №2713 加賀カントリークラブ »