« №2791 甲子園で母校、ベスト8へ | トップページ | №2793 再び応援で甲子園に »

2015年8月17日 (月)

№2792 那須をとんぼ返り

 土曜日の午後から那須にやってきている。女房が那須に行くというのだが、私も週末から週明けにかけて、何の予定も入っていない。珍しく一緒に那須に行くことにした。甲子園で母校が登場するが、今回はテレビ観戦と決めた。勝って、まさかベスト8になることはあるまい。

 ところが、前号の記事にあるように、まさかが実現し、健大高崎に勝ってしまった。さて、甲子園に応援に行くか。そしたら、一緒に那須にやってきている女房が怒った。「今帰られては困る。たくさんの荷物を持ってきている。どうやって持ち帰るのよ」。

 それなら、私は電車で自宅に帰るから、私の車で帰るようにと説得した。ところが、女房は私の車を運転したことがない。「大きな車は怖いから、運転はイヤだ」というのだ。それなら、一緒に自宅に帰ろう。

 ちょうどAgeちゃんが那須に来ていた。彼女は、明日の朝一番に帰るという。女房はそれに乗せて貰って帰ることになった。私は那須に一泊して、とんぼ返りだ。ところが、この日はお盆の最終日で東京方面の車は混んでいるらしい。ラジオでは、東北道は20㎞の渋滞と報じていた。

 私は一般道で帰るから、それほどでもないだろう。それでも、普段より車が多かった。ただ、自宅までは3時間ちょっとと、普段よりは20分程余計にかかった程度だった。

Dsc05959 今回は、那須で畑の整備をする予定だった。先日、畑の周りは草刈り機で剪定した。秋の植え付けに供えて、今回は、畑の中の草取りをする予定だった。畑は、ぼうぼうの草だらけだ。ただ、そういうわけで、草取りは次回にまわそう。

 畑の収穫物は最盛期だ。女房にピーマンを採って来るように頼まれたが、笊一杯のピーマンが採れた。

Dsc05958
 さらに、ミニトマトが最盛期だ。持っていった笊には収まりきらない。あらためてビニール袋を持っていった。その袋にも一杯になるほど、トマトが採れた。2~3個頬張ってみたが、完熟でとっても甘い。ただ、自宅では食べきれないので、向かいのOhnoさんへお裾分けした。

Dsc05957 坊ちゃんカボチャも最盛期だ。先日も5~6個収穫したのだが、今回も6個採れた。このカボチャは、スープにすると美味しい。さらには、保存がきくと女房には大好評だ。

 畑の収穫を終え、私は一人で、また自宅に帰ってきた。明日の朝一番で、甲子園に行くつもりだ。

 何しろ80年に一回あるかどうかのベスト8だ。これは行かずばなるまい。対戦相手は仙台育英高校だ。念のために、(まあそんなことはないとは思うが)もう一泊できる準備だけはして行こう。準決勝進出ということも、ないわけではないだろうから。

|

« №2791 甲子園で母校、ベスト8へ | トップページ | №2793 再び応援で甲子園に »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

Shinさん
もう一泊延長保険(休養日があり実際は二泊)は残念ながら駄目でしたが、本当に素晴らしい試合でしたね。
今日は勤務先指定の人間ドック、午前は待合室で早実の勝利と埼玉の敗北を確認、午後半休で帰宅後、母校の健闘と関東第一の勝利を満喫致しました。
視点を変えると、今日の第一試合は監督が早大野球OB対決、準決勝の第一試合も相手が仙台育英で同じく早大OBだそうです。
本籍が東京の私でも、決勝が東西東京代表同士では興覚め、願わくは仙台育英と東海大相模の対戦、結果として優勝旗が白河の関を越える展開を期待しています。
いずれにしましてもJR東海の売上協力、お疲れ様でした!

投稿: アスペル山ちゃん | 2015年8月17日 (月) 20時23分

アスペル山ちゃん
コメントありがとうございます。
午後9時過ぎですが、
無事に帰ってきました。
イヤ~~、今年の夏は甲子園で
充実しました。
残念ながら負けてしまいましましたが
わがOBとしては満足です。
良い試合を見せていただきました。

投稿: シンさん | 2015年8月17日 (月) 21時25分

シンさん

着替え役立てば良かったにと祈っていたのですが、もう一歩でしたね。それにしても連投でも成田投手よく頑張りました。
仙台育英高は他県からの外人部隊がほとんどの野球部、秋田商業高野球部は全員秋田県内の子供達、本当に頑張りました。

投稿: 竹ちゃん | 2015年8月18日 (火) 12時24分

竹ちゃん
外人部隊に私立高校が全盛の時代、
公立高校でしかもほとんどが県人、
よくやりましたよね。
因みに東北出場の公立校は
青森と秋田だけでした。

投稿: シンさん | 2015年8月18日 (火) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2791 甲子園で母校、ベスト8へ | トップページ | №2793 再び応援で甲子園に »