« №2823 早朝に決断したコンペ中止 | トップページ | №2825 【桟雲の会】定例句会 »

2015年9月18日 (金)

№2824 秋田の甥からの電話

 珍しく、秋田の実家に住む甥のIkuo君から電話があった。豪雨見舞いということだったが、私の住む埼玉は、豪雨の被害はほとんどなかった。

 実は、彼の電話の狙いは一緒にゴルフをやろうとのお誘いだ。彼は、田舎でイタリアンレストランをやっている。結構の繁盛店で、彼はオーナー兼シェフをやっている。その関係で、なかなかお店を休むことが出来ない。

 忙しければ忙しいほど、ストレスが募るようだ。会うたびに「ゴルフをやろうヨ」とお誘いを受けるが、肝心の彼が休めない。以前、実家に帰った時に、「一度那須に遊びにおいでよ。良いゴルフ場が多いから、一緒にプレーしよう」と誘った。

 今回の豪雨見舞い電話の裏には、一緒にゴルフをやりたいとの思惑があったようだ。思い切って店を休んで那須に行こうかな、と話していた。それを聞きつけた女房が、日にちをはっきり決めてほしいと迫った。

 女房もゴルフ日程が忙しく、次々とコンペの予定が入っているようだ。再度Ikuo君に電話を入れたら、「それじゃ10月下旬に行こうか」という。せっかくだから、2日連続のプレーをしようと誘ったら、彼は2日連続などやったことがないらしい。それでも楽しみにしている、との返事だった。

 彼一人だけではなく、女房も連れてきたらといったら、「ウチで犬を飼っているので空けることが出来ない」のだそうだ。彼女も那須訪問を楽しみにしていたのに、残念だ。

 早速、那須のゴルフ場を2日間取った。今年の7月に行った【那須ゴルフ合宿】のコースだ。さすが10月末にもなると、プレーフィーが安い。そして、問題なく取れた。

 さあ、彼の那須訪問を楽しみにしよう。

|

« №2823 早朝に決断したコンペ中止 | トップページ | №2825 【桟雲の会】定例句会 »

ふるさと秋田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2823 早朝に決断したコンペ中止 | トップページ | №2825 【桟雲の会】定例句会 »