« №2892 大根を干す | トップページ | №2894 久し振りの飲み会 »

2015年11月25日 (水)

№2893 那須から帰る

 那須での大根干しが終わり、一段落した。之で12月中旬までは那須での仕事はない。埼玉の自宅に帰ることにした。那須滞在中は畑の記事しか書いていないが、那須にいる一番の楽しみは、誰にも邪魔されずに静かに本を読んでいることだ。

 テレビを見ていてもつまらない。9時ころには布団にもぐりこむ。そして本を読み始めるのだが、すぐに眠くなってしまう。眠い時は寝ることにしている。夜中の3時ころに目が覚めて、本を読み始める。そして2~3時間読んで、二度寝をする。

 朝8時半ころ、もぞもぞ起き出して朝食を摂る。朝食が一段落したら、畑に出る。まさに理想の晴耕雨読型の生活だね。このマイペースの生活がたまらない。そして、退職後の生活もなかなか良いものだとしみじみ思う。

 流しをきれいに洗い、掃除をして、水を汲み、10時半ころに帰宅の途につく。途中のレストランで昼食を食べ、自宅に着いたのが午後2時ころだ。

 プリウスで那須に通い始め、走行距離は3年半で65,000kmに及ぶ。この間、交通違反で警察に捕まることは一度もなく、事故もない。ただ、行き来は相当のスピードで走行している。運転するに際し、前を向くのが6割、バックミラーを見るのが4割である。決して捕まらないという自信はある。

 事故がなかったとはいえ、車にはあちこちに傷が出来ている。車の色が濃紺なだけに、その傷の跡が目立つ。先日姉たちが車に乗っていたときに、「傷がついているのはボケた証拠じゃないの」と言っていたが、ほっておいてくれ。

 ということで、この記事は埼玉の自宅で書いている。

|

« №2892 大根を干す | トップページ | №2894 久し振りの飲み会 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2892 大根を干す | トップページ | №2894 久し振りの飲み会 »