« №2958 江戸東京博物館下見 | トップページ | №2960 第4回俳句作品展 »

2016年1月31日 (日)

№2959 U23JAPAN、韓国に大逆転優勝

 昨晩遅くまでテレビ観戦し、その興奮で夜も眠れなかった。それでも結局4時間くらいは寝たのかな。

 AFC・U23のアジアチャンピオンを決める決勝戦日本対韓国が、昨晩、カタールのドーハで行われた。日本はここまで先取点をもぎ取り、勝ち続けてきた。準決勝で当たったイラクの監督が、「この大会では日本が圧倒的に強い」というコメントを残していた。

 ただ決勝リーグに入り、いずれも楽な戦いはなかった。準々決勝で対戦したイラン戦では、延長戦で得点を重ね、かろうじて勝った。準決勝のイラク戦では、後半アデショナルタイムで決勝点をあげ、これもかろうじて勝った試合だった。

 決勝での日本の対韓国戦は、ライバル同士の因縁の戦いだ。これまで、日本は韓国に対しては分が悪かった。さらに、韓国のこのチームは、オリンピック予選は24年間で34連勝と無敗だったらしい。この大会でこれまでの戦いのデータをみる限り、5分と5分だ。どっちに勝利が転がり込んでもおかしくはない。

 ただ、私はこれまで日本戦をみていた限り、ペナルティゴール付近で不用意なファールはあったものの、守りが堅いという印象だ。サッカーは守りから、というのが安心して観戦できる一番の要素だ。準決勝までは、日本は2点しか獲られていない。しかも、その1点はどうかなという微妙なPKで獲られたものだ。

 何より、今回のチームが良いと思ったのは、90分、ないし120分相手に走り負けていないことだ。試合の後半、相手チームが疲れるのを待って得点を取っている。試合は押されているように見えても、安心していられたね。

 ただ、昨晩の決勝戦だけは違った。韓国に前半先取点を取られ、後半早々も追加点をあげられ、0対2で負けていた。今までの韓国戦は、これで万事休止だった。残念ながら、負けを覚悟した。

Photo スーパーサブFWの浅野拓磨が出てきたのは、後半15分だ。彼は、今大会では目立った働きをしていなかった。それが、出場早々に1点をもぎ取った。彼の姿勢がよかったのは、それで満足することなく、さらに追加点を取ろうと試合を再開させたことだ。

 その一分後に、日本はMF矢島のヘッディングで同点にした。ここまで韓国に押されっぱなしだった試合の流れが変わった。試合後半の日本の出足が良かったというか、韓国の選手の足が止まったせいか、韓国デフェンスの穴が見えてきた。

 後半38分、またも浅野がその足を生かし、この日の2点目を取り、何と何と韓国を逆転してしまった。堅守の韓国から3点ももぎ取るなど、信じられない出来事だ。そのまま試合が終わり、日本の劇的な勝利となった。

Photo_2
 監督の手倉森の采配がよかったというか、選手が頑張ったというか、毎試合ヒーローが変わった。この年代は、「世界に通用しない」といわれ続けてきたようだが、今回の戦いをみて、どうしてどうしてなかなか立派なものだと思ったね。

 今回出場した選手が中心になってリオ・オリンピックを戦うだろうし、次のワールドカップも主力を担うのだろう。今回のU23大会をみた限り、日本のサッカーの将来は明るいね。

 

|

« №2958 江戸東京博物館下見 | トップページ | №2960 第4回俳句作品展 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2958 江戸東京博物館下見 | トップページ | №2960 第4回俳句作品展 »