« №2992 江戸東京たてもの園訪問記② | トップページ | №2994 春、始動 »

2016年3月 5日 (土)

№2993 耳鳴りは消えるか

 2月12日の記事で、最近気になる【耳鳴り】の報告をした。その後、甥が耳鼻咽喉科の医者をしているので、見て貰った。病院は千葉の幕張にあって、結構繁盛していた。医者一人に、看護師・スタッフが10人ほどもいただろうか。

 忙しい中、詳細な検査をしてくれた。耳鳴りの大きさは、右45dB、左40dBとのことだ。さらに、4000Hz以上の音の聞こえが悪いことも判明した。しばらく薬を飲んで様子を見るようにと、90日分の薬を処方して貰った。

 薬を飲むようになって3週間が過ぎたが、一向に改善する様子がない。まあ、もう少し我慢して様子を見るしかないかな。耳鳴りのせいで夜眠れないということもない。ただ、最近女房の言っていることが聞こえず、何度も聴き直すことがよくある。

Dsc00139 新聞広告を見ていたら、『耳鳴り・めまい・難聴がピタリ消える№1療法』という本が出ているのを知った。価格は880円と安い。騙されても良いと思って、取り寄せてみることにした。

 税+宅急便代+代引き手数料を含めて1500円弱だという。本屋で取り寄せても良いのだが、宅急便だと早い。注文したら、翌日には自宅に届いた。

Dsc00140 早速、本を開けてみた。耳鳴りを治す方法が様々紹介されていた。まずは付録のCDを、一週間一日2回聴いてみてくれという。このCDを聴くと、「脳が活性化して聴力アップ!」、「聴くだけで脳の働きが高まると実験で判明!耳鳴り、難聴、めまいに効く」、「聴くだけで自律神経が整う!耳鳴り、難聴、めまいを撃退」という、何人かの専門家の意見が載っていた。

 いずれも大変効果のあるようなことが書かれている。

Dsc00141 モノは験しと、そのCDを聴いてみることにした。このCDを聴くにはステレオのヘッドフォンが必要とある。私はヘッドフォンを持っていない。女房が自室でテレビを見るのに使っているヘッドフォンを借りた。

 どうも聞こえが悪い。クレームをつけたら、接触が悪いらしい。何度か試して、ようやく聞こえるようになった。

 内容は、虫の音・せせらぎ・台風一過の強風の草原など、約25分に渡る音が流れていた。これを聴くだけで耳鳴りが治るなら安いものだ。まあ、いわれている一週間聞き続けてみようか。

 さらに、この本では耳鳴り軽減の様々な方法も紹介されている。一つは耳たぶ回しだ。耳たぶを後ろに5回回し、ほお骨から下縁にえらに沿って5回なで下ろす。これを何回か繰り返すと良いらしい。

 さらに、蒸しタオル療法で病院で治らなかった耳鳴りが消えた!という体験も紹介されている。

 食事では、酢タマネギ、黒豆の煮汁、水飲み療法、1日2個の梅干など手軽な療法が紹介されている。私は梅干は作るが、あまり食べていない。手近な方法で耳鳴りが治るなら、早速試してみたい。

|

« №2992 江戸東京たてもの園訪問記② | トップページ | №2994 春、始動 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2992 江戸東京たてもの園訪問記② | トップページ | №2994 春、始動 »