« №2998 新しい仲間の加入 | トップページ | №3000 記事投稿3000号突入 »

2016年3月11日 (金)

№2999 東日本大震災からもう5年

 この日で、【東日本大震災】発生5年になる。いまから思い出しても、大きな地震だったね。マグニチュード9以上もある地震など、1000年に一度だという。私は、そういう歴史的大事件に直面したことに感慨を覚えた。

 当日のことを思い出すと、私は那須の畑を耕していた。珍しいことにOhnoのお父さんが、畑にひょっこり顔を出した。しばらく畑談議をして、お父さんは帰って行った。

 そして間もなく、めまいがした。あれどこか体の具合がおかしいかな、と思う間もなくグラッときた。地面が、大きく波打って揺れた。私が経験したこのような地震は、新潟地震以来だ。近くの大木も、ゆらゆら揺れていた。その揺れは、結構長かったね。これは大きな地震だと直感した。

 それでも、揺れが収まったので畑を耕していた。そしたら、近所の方が「大きな地震なので、自宅に帰って被害を調べてみたらどうか」と助言してくれた。早速自宅に帰ったが、幸い被害は、棚から皿が一枚落ちた程度だった。やれやれと思いながら、Ohnoのお父さんの家を覗いてみた。棚から酒の瓶が落ちて、家中酒の臭いがしていた。

 テレビを点けてみたら、津波の映像が生々しく映っていた。映像で私が衝撃を受けたのは、仙台郊外の名取市の農家が津波に浚われていく様子を見ていてだ。多分何も知らないで、あの農家にはまだ住人が住んでいるのだろうと想像した。

 あとで知ったのだが、逃げ遅れて津波に浚われた人が何万人といたのだ。次々と衝撃的な映像が、リアルタイムで映されていく。ドキュメント映像のこれほどの迫力を、過去に私は知らない。その後、様々な映像が公開されるたびに、いたたまれない思いをした。しかし、どうにもしようがない。

 そして、福島原発が津波でメルトダウンを起したことを知ったのは後々だ。ただ、津波での被害なら、これもひどいものだが、普及の手立てがある。ただ、原発災害だけはどうしようもないことだった。東電や原発の関係者は【想定外】というが、それじゃ取り返しがつかない。

 5年経って思うにつけても、原発は未だもって人類のコントロール下にはない技術だ、ということだ。こういう不完全な科学技術をいつまでものさばらしてはいけない、と強く思った。いまでも、原発事故には手をつけられずにいる。安部首相は、「完全にコントロールされている」と全世界に公言したが、とんでもない話だ。

 小泉前首相が、「原発は廃棄すべき」と運動を起こしているが、彼の政治信条には同意しないが、この一点にだけは完全に賛成したい。一昨日、大津地裁で【高浜原発の3・4号機運転差し止め】の仮処分の判決が出た。世の中の流れを受けての判決だと思う。

 電力会社は、採算性の高い原発はどうしても運転したいようだが、原発事故を想定しない採算の話だ。このことを判断するのは電力会社ではなく、政治だと思う。小泉さんも言っているが、「安部首相が決断すれば済むだけ」と言っているが、まさにその通り。もう一度、小泉を首相に戻すか。

2011_0602_090317img_8003 私は、この5年間で二回ほどボランティアで現地に行ってきた。一度は仙台郊外の多賀城で、もう一度は南三陸町だ。何ほどのことが出来たということはないが、現地をこの目で見てきたことは大きかった。特に石巻郊外の大川小学校の被災地には、胸が塞がれた。

 今年、彩の国いきがい大学の仲間で、再度、被災地を見て歩く一泊旅行をしよう、という企画が持ち上がっている。私は大賛成だ、ぜひ行ってみたい。

|

« №2998 新しい仲間の加入 | トップページ | №3000 記事投稿3000号突入 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №2998 新しい仲間の加入 | トップページ | №3000 記事投稿3000号突入 »