« №3006 今年最初のゴルフ | トップページ | №3008 フキノトウ摘み »

2016年3月19日 (土)

№3007 クリスマスローズ、咲いた

Img_0688

Img_0689  わが庭には、クリスマスローズが20株ばかり植えられている。そのクリスマスローズがようやく咲いた。花の色は、白と紫である。いつも不思議に思うのは、春先に咲く花が、なぜ「クリスマスローズ」と名付けられているのだろうか。

 今朝、朝食を食べていたら、女房が「クリスマスローズがやっと咲いたね」と言っていた。いつも眺めている庭なのだが、そういえば咲いたのを意識していなかった。

Img_0686

Img_0678  もう一つ言っていたのがヒヤシンスである。この2~3年、花の勢いがなかったので10株ばかり移植したのだそうだ。そうしたら、きれいに咲いた。

 庭のあちこちに散らばって植えている。あらためてよく見ると、なかなかかわいい花だ。

Img_0684

Img_0691  このブログでも何度か紹介しているが、大事に育てているハイビスカスの元気がいい。葉の色がつやつやしている。これは2年ほど前に、那須のスーパーで280円で買ってきたものだ。それが、一年を通して花を楽しませてくれる。

 よく見ると、すでに10個ばかり花芽を持っている。間もなく咲くのだろうが、この花は次々と咲き、12月頃まで咲き続ける優等生だ。

Img_0676

 ウッドデッキに撒いているのはピーナツだ。このピーナツを目指してスズメや四十雀が寄ってくる。人間が食べると極めて不味いピーナツだが、野鳥にとっては大のごちそうだ。今朝も、雀がわが居間を覗いていて、「ピーナツないよ」と催促しているかのようだった。

 暇な折に庭を見ていると、様々な発見があるね。

|

« №3006 今年最初のゴルフ | トップページ | №3008 フキノトウ摘み »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3006 今年最初のゴルフ | トップページ | №3008 フキノトウ摘み »