« №3016 今晩、ハワイに向けて出発 | トップページ | №3018 ワイキキの浜散策 »

2016年3月29日 (火)

№3017 ハワイに到着

 昨晩8時10分出発予定の飛行機だが、整備の遅れ等で30分ほど遅延して出発した。飛行機はほぼ満席だった。出発直後に夕食が出た。午後9時過ぎではなかったのかな。夕食も終わり、ヤレヤレのんびりした。少し仮眠しておくかな。

Dsc00273  そう思う間もなく、朝食が出た。日本時間で夜中の12時半ころではなかったか。夕食を食べてまだ3時間ちょっとだ。お腹はいっぱいだったが、サンドウィッチと果物を食べた。ハワイ到着は、日本時間、夜中の1時40分頃だという。なんと、5時間ちょっとで着いた。飛行機から見る朝日はきれいだった。

 ハワイ到着は現地時間の朝7時40分、日本時間の午前1時40分だった。意外とハワイは近いのだ。イミグレーションは難なく通過した。荷物もいただいて、さてハワイに来たぞ。意外とホノルル空港は小さかったね。まずは予約しておいたレンタカー会社にたどり着く必要がある。

Dsc00279  空港の係員に指示されて、レンタカーの待合所に行った。ただ不安だったのは、果たして迎えの車が来るのだろうか。案ずるより産むが易しで、間もなく迎えのバスがやってきた。レンタカー会社までは車で5分ほどだった。円からドルに両替しないまま来たので、ドルを要求されたらどうしよう。ただ、そんな心配もなかった。

 借りた車は、カーナビがついていなかった。そのことを言うと、「カーナビ付きの車は、一日さらに15ドル必要」というから、諦めた。カーナビなしで、目的の宿舎にたどり着くことができるだろうか、不安だった。まともな地図も持っていない。さらに右ハンドルは大丈夫だろうか。

 ままよ、とレンタカー会社を出発した。案の定、ワイパーと方向指示器をしょっちゅう間違えた。左ハンドルの車と正反対なのだ。同乗しているRukaは「ジジ、本当に大丈夫?」と心配げに問いかけてきた。まあ、何とかなるだろう。そして、道行く人に何度も聞きながらようやく宿にたどり着いた。

Dsc00275  宿では、係員が待っていた。出発前に担当者に電話を入れておいたのだ。「レンタカー会社から宿までは30分くらい」と話していたが、50分もかかってたどり着いた。早速部屋の使い方の説明をしてくれた。

 二部屋を用意したとのことで、男部屋と女部屋に分かれた。ベッドルーム1にリビングとキチンで広さはちょうどいい。窓からは、ビル越しにワイキキの海が見えた。

 RukaもAsatoも、昨晩は飛行機の中でほとんど眠れなかったようだ。部屋でお昼寝をしよう。ところが、二人とも爆睡していた。いけない、このままだと夜は眠れなくなるよ。二人を叩き起こして、食料の買い出しに行った。

Dsc00278  係員にスーパーの位置を聞いて出かけた。それにしても、アメリカのスーパーは何もかもがビッグサイズだった。イチゴなど日本のパックの10倍だし、ジュースも5倍ほどあった。女房はこんなに食べ切れるか心配していたが、部屋の冷蔵庫もビッグサイズだ、大丈夫だよ。

 籠一杯の買物をしてスーパーを出たのだが、帰り道がわからない。何度も何度も迷いながら、ようやく宿にたどり着いた。

Dsc00280

 部屋では朝食兼昼食で、買ってきたフライドチキンやパン、イチゴなどを食べた。二人の孫は、寝不足のせいか元気がなかった。

|

« №3016 今晩、ハワイに向けて出発 | トップページ | №3018 ワイキキの浜散策 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3016 今晩、ハワイに向けて出発 | トップページ | №3018 ワイキキの浜散策 »