« №3035 校友会会長を交代 | トップページ | №3037 二つの句会 »

2016年4月17日 (日)

№3036 九州の大地鳴動

 九州の大地が震えている。熊本を中心に、大分なども含め、大きな地震に見舞われている。震度5以上の地震が度重なって起きている。今回初めて知ったのだが、14日(木曜日)に益城町で起こった地震は【前震】といい、16日(土)の未明に起きた地震が【本震】だという。しかも、益城町に続いて起こった本震は前震の16倍で、何と神戸・淡路大震災と同じ大きさだったらしい。

 九州では、大きな被害が出ている。死者や怪我をした人も多い。家の倒壊、火事、山崩れ、土砂崩れ、高速道の土砂崩れ、鉄道の脱線事故等テレビ画像で見る限り凄いものだ。その象徴が熊本城だ。熊本城はその壮麗さで知られていたが、無残にも崩れた。天守閣の瓦がほとんど落ち、石垣が崩れ、櫓が今にも崩れ落ちそうになっている。振動の激しさを物語るものだ。

 現在進行形なので断定はできないが、それにしても思うのは、日本という国は大きな断層帯の上に乗っかっている。今回の地震が起きたのも、中央構造体という日本列島を貫く大断層帯の一角だそうだ。そのエネルギーの凄さは、地面に1mもの断層を生じさせている。

 不気味なのは、震源のすぐそばに大火山の阿蘇山があることだ。この地震に触発されて、大きな噴火が起きなければいいのだが、と思う。九州に住む人たちは、どれくらい不安な日々を送っていることだろうか。同情を禁じ得ない。

 今後、日本列島には【南海トラフ地震】、【東海地震】、【東京直下型地震】、【富士山の噴火】などが予想されている。われわれ日本人は、こういう島に生きている。普段から備えを怠ってはいけない。

Dsc00516  わが家は災害に備えて何もしていなかったが、この地震をきっかけに、少なくと家具にはつっかえ棒で押さえぐらいはしておこう。以前からやらなければと思っていた。思い立ったが吉日で、早速、近くの大型雑貨店でつっかえ棒を3個買ってきた。

 倒れそうな食器棚、タンス、本箱の上につっかえ棒で支えを作った。特に、本棚はガラスのトーハンがあり、本が倒れたら大変だ。

Dsc00521

Dsc00519  ただ、天井に届くほど高い本棚に入るうまいつっかえ棒は売っていなかった。これには本を隙間なく当てて、つっかえ棒代わりにした。さて、これでどうだろうか。

|

« №3035 校友会会長を交代 | トップページ | №3037 二つの句会 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3035 校友会会長を交代 | トップページ | №3037 二つの句会 »