« №3042 潮干狩 | トップページ | №3044 『俳人協会』への入会について »

2016年4月24日 (日)

№3043 木更津のお土産

Dsc00588

Dsc00589  木更津から帰るときに、袋一杯のお土産を携えてきて重かった。Makotoの配慮で、たくさんのお土産を用意してくれていた。まずはタケノコだが、朝堀のタケノコのほかに、あらかじめ灰汁抜きをして茹でたタケノコを、お土産にいただいた。さらに、自分の家の畑で採れたという山芋もたくさんいただいた。

   女房が那須に行っていて不在のため、茹でたタケノコはとりあえず冷蔵庫に保存した。ただ、早く食べないと腐ってしまうかな。
 
Dsc00587  潮干狩りで採ってきたアサリも、水道水に塩を入れて砂抜きをした。潮干狩り場でいただいてきた《注意書き》によると、①水道水1リットルに食塩30gで海水を作り、一晩寝かせれると砂が出る。②砂出しの完了したアサリを水で素早く洗い、冷凍保存する。③使う場合は、アサリが凍ったまま沸騰したお湯に入れ、味噌汁として使用する、とあった。
 一昼夜寝かせたアサリをバケツからあげて水洗いをした 。ざりざりと砂がたくさんが出ていた。
Dsc00590  夕飯に、お土産にいただいたものを調理して食べよう。ネットでレシピをプリントアウトした。まずは茹でたタケノコをさらに調味料やお酒を入れた出汁で茹でた。最後にワカメを入れて完成だ。
 夕飯に食べたら、ほくほくして美味しかった。さらに、アサリもレシピ通りに味噌汁を作った。若干、じゃりじゃりした砂も混じっていたが、海の香りがして、これもおいしかった。

| |

« №3042 潮干狩 | トップページ | №3044 『俳人協会』への入会について »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3042 潮干狩 | トップページ | №3044 『俳人協会』への入会について »