« №3079 永平寺拝観 | トップページ | №3081 能登半島周遊旅行(その1) »

2016年5月31日 (火)

№3080 二日目は名門【能登カントリークラブ】

Dsc00916  昨年は【朱鷺の台カントリークラブ】でゴルフをしたのだが、「来年はぜひ名門【能登カントリークラブ】でゴルフをしたいね」と話し合っていた。幸い、まっきぃが知り合いから優待券をいただいて、待望の【能登カントリークラブ】でゴルフができるようになった。

 ただ、この日は月例コンペが入っていたようで、ものすごく混んでいた。優待券をお願いしているので、無理はいえない。さて、名門とはどういうゴルフ場だろうか、プレー前から楽しみである。

 到着が早かったので、パター練習場とアプローチ練習場で入念にスウィングチェックをした。練習グリーンは、昨日のゴルフ場とは違い、ものすごく速かった。さらに、微妙なアンジュレーションがあり、練習ボールはほとんどホールに入らない。さて、どういうことになるのだろうか。

 能登カントリークラブは、日本海コースとはまなすコース、それに宝達コースの27ホールであった。われわれは、日本海コースからのスタートだった。今日は、私のゴルフを中心にお話ししたい。

 スタート・ロングホールでアプローチが決まりボギー、2番ミドル、3番ミドルホールでいずれもパー、4番ショートホールもパーと、4ホールまで1オーバーで来ていた。同伴者は真っ青な顔をして、「シンさん、いったいどうなったの」と心配していた。5番ホールはダボで、まあ、それでも許せる。

 6番ホールからめちゃくちゃになった。6~8番ホールはダブルパー、9番ショートでダボと、結局はいつものシンさんに逆戻りだ。このゴルフ場はスループレーが原則のようで、お昼休みなしで後半のハーフをスタートした。OUTの後半からスイングが乱れてどうなるか心配だったが、結果は乱れたままだった。ダボの連続で、その中にダブルパーも出た。

 ただ、最終529ヤードのロングホール、アプローチがピタッと寄り、パーを取ることができた。この日の私のゴルフは、最初の4ホールと最後の1ホールだけがみるべきものがあった。あとは全然ダメだ。何がいけなかったのか、終わってから真剣に考えてみた。どうも、加齢とともに集中力がなくなってきているのではないか。

Dsc00919  相変わらずパターもイップス病で、自信が持てない。特にロングパットがいけない。練習グリーンでは何でもないのだが、いざ本番になるとうまく当てることができない。

 今回のツアーで最年長のEimeiさんが、相変わらず良いゴルフをしていた。何より負けたのは、オリンピックゲームで彼は22個の丸を取った。ニアピン3個にノーズロ、金と量産だ。私が7個しか取れなかった。結局は4人の中で大敗だった。

Dsc00920  まっきぃも良いゴルフだったが、彼の問題はショートパットだ。この日も、50㎝のパットが、ホールにかすりもしないで外れていた。他のショット、ドライバーの切れが良かっただけに、もったいなかったね。

 普通、名門コースはプレーフィーも高い。ただ、優待券のおかげとスループレーで昼食を食べなかったせいか、驚くほど安かった。来年もここでプレーしたいね。さすが、ゴルフが終わったらお腹が空いた。近くの道の駅でおそばを食べた。

この日の成績

OUT54(15) IN57(22) TOTAL111(37)

Dsc00924

 Eimeiさんが今年初参加というので、ゴルフ終了後に、金沢市内をちょっと見物した。金沢城に併設されている【玉泉院】という回遊庭園を見て歩いた。さらに、金沢城の周辺を散策した。昨年も思ったのだが、このお城の石垣は一見の価値があるね。石積が本当に素晴らしい。

Dsc00933

Dsc00934  さらに、近くの尾山神社に参拝した。この神社の山門にステンドグラスが使われていて、極めて珍しいとのことだ。私は、この尾山神社は初めてだった。前田家ゆかりの神社とかで、境内には前田利家公の騎馬像があった。この神社の庭園も含めて、印象深かった。

|

« №3079 永平寺拝観 | トップページ | №3081 能登半島周遊旅行(その1) »

ゴルフ」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3079 永平寺拝観 | トップページ | №3081 能登半島周遊旅行(その1) »