« №3117 相模原のJAXAを訪ねる | トップページ | №3119 六月の読んだ本 »

2016年7月 8日 (金)

№3118 校友会グラウンドゴルフ大会

 埼玉県民活動総合センターのグランドで【校友会グラウンドゴルフ大会】が開催され、参加してきた。この大会はいつもこの時期に企画されるが、大概が雨で中止になっていた。6回企画された中で、実施できたのはこの日を含めて2回目だ。

Img_0111  こういう行事になると、いつも主催者を悩ますのは参加者が少ないことだ。今回も30人くらいと思っていたのだが、ふたを開けてみたら18名の参加者だった。実行委員長から、「参加者が少ないのでどうしましょうか」と相談されたが、実施することにした。

 この時期、一番心配なのは天気だ。雨でも駄目だし、カンカン照りだと参加者に負担がかかる。幸い、この日は曇り空で、昨日のように暑くはなかった。朝9時にスタートとしたのだが、20分ほど前には全員集合していた。

Img_0116

 朝礼の後、記念写真を撮り、いよいよスタートだ。私は、グラウンドゴルフの経験は今回を含めて3度ほどかな。「シンさんはゴルフをやっているので、パターはさぞかし上手でしょう」と言われるのだが、最近ゴルフのパターは絶不調だ。さて、どうなるものやら。

Img_0119  クラブとボールは借り物だ。しかも、ゴルフのパターに比べて、グラウンドゴルフのパターは木製で大きい。ロングホールは50m、ミドルホールは30m、ショートホールは15mと交互に8ホール回り、それを2ラウンドこなしてハーフが終わる。ハーフを2回回って、決着をつけるゲームである。

 難しいのは打つ加減の強弱と、方向性である。慣れないものにとって、いくら強く打ったらいいのかわからない。それに土のグラウンドであるから、小石に邪魔されて右に曲がるか左に曲がるかわからない。なかなか難しいものである。

Img_0124  ただ、今朝急きょ出場が決まったKitaさんだが、「自分はゴルフをやったことないし、ましてやグラウンドゴルフなど初めてだ」と言っていたが、まあ結構それなりに回れるものだ。ということは、どんな初心者にも楽しめるゲームということだ。

 彼は私と同じチームで回ったのだが、残念ながらブービーメーカーで終わった。

 このゲームは1ホールパー3であるが、私は結構パーが拾えた。前半はホールインワンとバーデー2個、後はパー、ボギーで回った。同伴者のNezuさんが「このままでいくと、シンさん優勝だよ」と声をかけてきた。それでプレッシャーがかかったのか、後半戦はボギー、ダブルボギーを繰り返した。結果は100で回り、第6位に入った。

 優勝したのは、わがクラスのOkadaさんだった。彼は、グラウンドゴルフ大会の埼玉県予選で絶えず上位にいて、全国大会に出場する実力者だ。影の声で、「そういう人と初心者がハンディなしでラウンドするなんてずるいよ」という人もあった。

 まあ、友好第一、勝敗は二の次で行きましょう。校友会の一つの行事も無事終えた。

|

« №3117 相模原のJAXAを訪ねる | トップページ | №3119 六月の読んだ本 »

いきがい大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3117 相模原のJAXAを訪ねる | トップページ | №3119 六月の読んだ本 »