« №3190 那須で第二回目の句会 | トップページ | №3192 雨で畑仕事は中止に »

2016年9月19日 (月)

№3191 大根の間引き

 俳句の仲間が帰り、私はなお2~3日那須に滞在するつもりでいる。目的は、畑の草取りだ。何度も言うようだが、畑仕事は絶えず雑草との格闘だ。

Img_0752

Img_0755  昨日俳句仲間と畑の視察をしたが、草ぼうぼうだった。皆さんも帰ったことだし、じっくり畑仕事をしよう。8月末に植えた大根の種が、ほとんどが芽を出していた。数えてみたら90本ほどある。

 ただ、植えた大根の畝には、小さな草が蔓延っている。一か所に3~4個の種を蒔いたので、大根の芽を2本に間引きをするのと、畝に生えている草取りをしよう。草はまだ出たばかりだったので、根は深くない。

 大根を一本一本土寄せしながら間引いていった。さらに畝に生えている草もきれいに抜いた。今年は涼しいので、畑仕事は楽だ。とはいっても、やはり汗まみれになった。

Img_0758

 3時間くらいかかっただろうか。大根畑は、きれいに整備ができた。最後に畝に土寄せをして完成だ。もう一か月もしたら、2本残った大根の苗を一本立ちさせる仕事がある。さて明日は、他の場所の草取りをしよう。

|

« №3190 那須で第二回目の句会 | トップページ | №3192 雨で畑仕事は中止に »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3190 那須で第二回目の句会 | トップページ | №3192 雨で畑仕事は中止に »