« №3198 籾殻をいただく | トップページ | №3200 秋闌(たけなわ) »

2016年9月27日 (火)

№3199 つぶらだ定例ゴルフ会

Img_0789

 メンバーコース【オリムピック・カントリークラブ レイクつぶらだコース】で定例のゴルフ会があった。一緒に回ったメンバーは、これもいつもの四人である。

 面白いことに、この定例会が始まったころには、お互いずいぶん実力の差があったが、最近では拮抗してきている。上手の人が下手になったというか、下手な人が上手になったことの現れである。

 以前、私はまっきぃにハンディをあげて握っていたのだが、最近ではチャラで握っても勝てない。もっとも、100を切れない現状ではやむを得ないかな。そういうまっきぃも、最近は100を切れなくなった。常時80台で回っていたMasaoちゃんも、最近では100を切ることがなくなった。それに比して、Masazoさんがぐんぐん力をつけてきている。

Img_0793  いつのころからか、この四人がチャラで握るようになった。その方がお互い緊張感があっていい。スタートからまっきぃが走り出した。なかなかパーをとることができない1番ホールで、彼は見事パーをとった。

 2番ロングホールで、私はパーオンしたが、彼は4オン2パットのボギーだ。そこで、なんと私は4パットもしてしまった。まあ、とはいっても上がってなんぼの世界、と気を落とさないで頑張った。

 左手に痛みを抱えているMasaoちゃんは、バンカーショットが苦手だ。バンカーで打つと痛みが走ると、恐々打っている。3番ホールでは、バンカーで6打もたたいていた。

Img_0794  Masazoさんはよかったが、彼の欠点は必ず大叩きするホールがハーフで2~3個あることだ。OUTの5番と9番、INでは15番と17番に大叩きがあった。

 彼は体が大きいし体幹が強いので、当たるとほれぼれするほど飛ぶ。さらに、この日はショートでもニアピンを2個ほどとっていた。どうやら、集中力を欠くホールがいくつかあるのが残念だ。

 私と言えば、このところ100を切れていない。一番の原因が、パットがイップス病にかかったことだ。それも徐々に改善の兆しを見せている。スタートこそ3パット、4パットを打ってしまったが、それ以降は改善を見せた。

 同伴者が何より褒めてくれたのが、私のアプローチショットだ。われわれシニアにとって、ドライバーの飛距離は期待できない。勢い、スコアを伸ばすのはアプローチとパットである。そのアプローチがピタッと決まるのは気持ちがいい。

 13番ホールだったかな、ドライバーはフェアウェー、2打目を右のバンカーのすぐ上に打った。3打目はバンカー越えだ。ピンはバンカーを超えてすぐのところにあった。それにピタッと寄せた。皆から「芸術的な寄せ」と称賛された。まあ、まぐれかもしれないが。

 おかげで、この日は他の3人に勝って、完勝だった。オリンピックゲームも勝てた。特に、まっきぃに勝ったのは久しぶりだったかな。ただ、考えてみるとずいぶんミスも多かったな。このミスを一つでも少なくしたら、完全復活なのだが…。

この日の成績

OUT48(20) IN47(17) TOTAL95(37)

 

|

« №3198 籾殻をいただく | トップページ | №3200 秋闌(たけなわ) »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

100を切りましたね。パットも37と、まァまァですね。ご一緒するのが楽しみです。皆さん、お体を大切に、ライフワークとしてゴルフをやりましょう。

投稿: ルート36 | 2016年9月28日 (水) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3198 籾殻をいただく | トップページ | №3200 秋闌(たけなわ) »