« №3227 看板彫 | トップページ | №3229 平林寺散策 »

2016年10月26日 (水)

№3228 今年の那須の紅葉は

 本来は、那須の紅葉は今が見ごろのはずだった。ラジオ等でも、盛んに茶臼岳の紅葉の話をしている。それを楽しみに、OhnoのKayoさんが那須にやってきた。朝5時に起きて、夫婦で紅葉見物に出かけたらしい。週末ともなると、登山道は身動きがとれなくなる。

 帰ってきての感想は、「今年の紅葉は散々だったね。鮮やかさが足りなくって、紅葉が何かボケていたよ」とのことだった。例年、寒暖の差が激しいと紅葉が鮮やかになる。ただ、今年の9月は雨が多かったせいか、残念ながら紅葉もよくなかったようだ。

 数年前にOhnoのお父さんと茶臼に紅葉を見に行ったときは、赤と緑のコントラストが素晴らしく、今でも鮮やかにその光景がよみがえる。

Img_1114

Img_1122  繭の里の近辺は標高が500mと、紅葉にはまだ半月ほど早いかな。わが【あるるのいえ】の周りも、ミズナラの木がまだ青々と繁っている。とはいっても、紅葉を始めた木もある。一番早いのがドウダンツツジだ。葉が真っ赤に染まっていて美しい。

Img_1120  モミジも紅葉が徐々に始まっている。ただ、紅葉はまだこんなものじゃない。色づくには少し時間がかかるのかな。

Img_1116

 わが家の入口のミズナラの木に蔦が這っている。その蔦も鮮やかだ。

Img_1117Img_1119  さらに、庭にはムラサキシキブや杜鵑草も咲いている。

 それにしても、那須は秋から冬への装いで、寒い。朝寒暖計を見たら8度を差していた。

 居間には床暖房をつけ、灯油ストーブを燃やしている。

 寒さに耐えきれず、那須での用事が済んだので、埼玉に帰ってきた。

|

« №3227 看板彫 | トップページ | №3229 平林寺散策 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3227 看板彫 | トップページ | №3229 平林寺散策 »