« №3313 長瀞の自然散策会 | トップページ | №3315 桟雲の会 第5回作品展 »

2017年1月20日 (金)

№3314 一年に千冊読む子

 今日は本の話題である。

 今日の朝刊に、小学3年生の子どものこういう話が載っていた。「歴史大好きで、学校の図書室や地元の図書館の歴史コーナーはほぼ読みつくした。これまで一番読んだのは、1日12冊である。年間千冊の本を読みたい」という子どもの話だ。

 この記事を読んで考えたのだが、一冊例えば250頁として、12冊だと3,000頁である。私のように1頁1分の割合で読む人間の3000分とは、50時間だ。寝食しないで二日以上だ。こんなことって可能だろうか。

 先日も記事に書いたが、私が10年間に読んだ本は、この子に言わせるとわずか1,515冊だ。この子の目標としている読書量のわずか1年半である。それでも、私は速い方だと思っているが、この子の足元にも及ばない。

 速読法という読書方法があるようで、3~40分で一冊あげてしまうそうだ。私は、速読法は習ったことはない。

Img_2051  1月は、結構私の読書は進んでいる。1月上旬に市の図書館で10冊借りてきたのだが、今回は返済期限ぎりぎりの2週間で完読した。2週間で10冊読むなど、いつもの私にはなかなかできない。いつも返済期限時に2~3冊読み残している。返さなければならない、と読書スピードを上げているのが現状である。それが、今回は完読した。

 まあ、面白い本が続いたこともあったが、1月は暇でもあったということだ。

Img_2053  胸を張って図書館に返却してきた。そして、さらに10冊の本を借りてきた。さて、今回はどうだろうか。

 何人かに指摘されているが、「シンさん、図書館で借りるだけでなく、たまには本屋で本を買ってよね」と言われている。私の読書記事を読んでいるのだろう。

 私はけっして本屋で本を買わないわけではない。先日も上京の折、ある大型書店で厚手の本2冊を買い求めてきた。ただ、小説は一度読んだものを二度読むことがないから、やはり図書館利用だね。

Img_2063Img_2064

|

« №3313 長瀞の自然散策会 | トップページ | №3315 桟雲の会 第5回作品展 »

読書日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3313 長瀞の自然散策会 | トップページ | №3315 桟雲の会 第5回作品展 »