« №3338 藤枝で飲み会 | トップページ | №3340 遠征から無事帰る »

2017年2月14日 (火)

№3339 急遽、女房の実家に

 藤枝のウナギを楽しみにしていた今回の【静岡遠征】だったが、女房からの電話で私だけが離脱することになった。女房のお母さんが亡くなったというので、急遽、女房の実家に立ち寄ることにした。実家は、中央高速道の恵那にある。藤枝からは、高速道で約220㎞、3時間だ。

  義母はしばらく危篤状態で、いつダメになるかは秒読み状態だったのだ。私は、静岡遠征に喪服を積み込んでいた。ウナギをあきらめて、朝7時にホテルを出て実家に向かった。女房からは、「納棺の儀があるので、11時には来てもらいたい」との電話が入っていた。車には、女房の喪服も積み込んでいた。

 カーナビの到着予想は、午前10時だった。そして到着したのは午前9時半だった。そんなに急いだわけでもなかったのだが…。

Img_2242  さて、お通夜、告別式と続く。義母はもう二日長生きすると、93歳の誕生日だった。まあ、それでも92歳まで生きていたのだ。大往生の部類だね。帰った実家は、ホッとした気分で、暗くじめじめした感じはなかった。

 お通夜の席に、葬儀場から誕生日プレゼントのケーキが届いた。通夜の席で、それぞれ切り分けていただいた。

 自分で自分の寿命は決められないとはいっても、果たして自分はいくつまで生きていくのだろうか。あまり周囲に迷惑はかけたくない。スローガンは【ピンピンコロリ】だネ。

|

« №3338 藤枝で飲み会 | トップページ | №3340 遠征から無事帰る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3338 藤枝で飲み会 | トップページ | №3340 遠征から無事帰る »