« №3341 今期最後の講座開講 | トップページ | №3343 俳句会報が第60号に »

2017年2月17日 (金)

№3342 予定外にゴルフを

 1月末にゴルフをやって、次の3月末まではゴルフの予定が入っていなかった。少々寂しい思いをしていたら、まっきぃから「いつものつぶらだでゴルフをやるのだが、参加しないか」とお誘いがあった。スケジュール表を見たら、ちょうどその日は空いていた。二つ返事でOKした。

  定例会は朝一番のスタートだが、この日はスタートがいつもより30分ほど遅かった。自宅を7時前に出ても十分に間に合う。さて、楽しんでこよう。

 この日は、暖かかった。雲一つない春の様な陽気で、しかも風がほとんどない。セーターを着て完全防備をしていたが、途中で汗ばみ、セーターを脱ぐほどだった。

 私はゴルフクラブを握るのは、前回のコンペ以来だからほぼ20日ぶりだ。その様子を見ていた女房は、「よくボールがクラブに当たるね」とあきれ顔だ。まあ、私の今の心境は【うまくなるというより、楽しめればいい】という感じだ。さて、この日はどうだったのか。

Img_2264  いつものまっきぃとMasazoさんのほかに、ゲストとして参加してくれたのはKikuchiさんだ。彼とは、昨年の秋に「一度ゴルフをやろう」と約束したのだが、そのままになっていた。一緒に回るのは何十年振りだろうか。

 私のスウィングも力み型だが、彼も昔から目一杯振るタイプだ。それは変わっていなかったね。私より一歳若いのだが、私と同じように飛距離は落ちた。ま、しようのないことだ。それにしても、この日の4人はほぼ同じ力だ。こういう4人で回るのも楽しい。

 私はいつも自分に言い聞かせているのだが、力まずにゆっくりスイングしよう、飛距離は二の次だ。それが良い具合に作用していたのか、OUT6番ホールまではボギーペースで回っていた。7~9番までがいけない。4パット・3パット・3パットと出てしまった。大体がパットで崩れるパターンだ。それでもかろうじて40台では回れた。

 ただ、午後からは大崩れだった。その原因もパットだ。自分自身呆れてしまうのだが、失敗に学べないのだ。同じ失敗を繰り返していては、よくなるはずもない。結果はいつものようなものだった。

Img_2262  私はトータルで43パットも打ってしまったが、この日のMasazoさんのパットはまるで別人のようだった。ロングパットをことごとくOKの距離に寄せていた。トータルで33パットというから、私よりも10打少なかった。

 パターというのは練習というよりも、その人の持つ感覚だ。以前はノーカンだった彼のパットがどうしてあんなに上手になったのだろう。その秘訣を探りたい。

この日の成績

OUT48(22) IN55(21) TOTAL103(43)

 

|

« №3341 今期最後の講座開講 | トップページ | №3343 俳句会報が第60号に »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3341 今期最後の講座開講 | トップページ | №3343 俳句会報が第60号に »