« №3376 来年度の構想 | トップページ | №3378 WBC、日本惜敗 »

2017年3月21日 (火)

№3377 四国移住の友を送る

 久し振りに、新宿で学生時代の同期会があった。今回の目的は、四国に移住するというJohちゃんを励ます会であった。なんでまた四国などに移住するのだろうか。

 Johちゃんは、ある大手デパートを5年ほど前に定年退職している。定年後は悠々自適の生活を送り、特に農業に力を入れていたらしい。農業指導員として、50人くらいの生徒に有機農業を教えていたという。

Img_2633_2 古希も近くなり、これからの人生をどう生きるのか考えたのだろう。彼は東京生まれの東京育ちだが、今回、一大決心して四国移住を決意したものらしい。なぜ四国かというに、気候が温暖でしかも海が近い場所を探して、見つけたのが香川だとのことだ。いくらでも土地があるので、農業も可能だ。

 老齢に向かい、われわれのこれからの人生も、そんなに長いものではない。これからの人生をどう生きていくのかという時に、良い決断をしたのではないか。香川の田舎町で、土地はいくらでもあるらしい。そこで海に出たり、畑を耕したりと田舎生活を満喫する決意を述べていた。

 それにしても、この同期会は4年ぶりだ。永久幹事の私がさぼっていて、今回声をかけてくれたのはYohちゃんだった。わざわざこの会のために、長野から駆け付けてくれたのがAkioちゃんだ。

 彼とも久し振りだ。この間、パーキンソン病に苦しみ、大変だったらしい。ようやく良い薬に出合ったと言っていた。「そういうシンさんも、その手の震えはパーキンソンじゃないの」というから、私の手の震えは本態性振戦で、そもそもが違うと説明した。

 どうしても、この年になると話題は病気の話になる。Toshioちゃんは体のあちこちに癌が転移しているというし、Sukeちゃんは腰痛に悩んでいるらしい。Akioちゃんのパーキンソンも含め、病気の話には事欠かない。

 そしたら、この日の主役Johちゃんは「私は先日健康診断を受けたのだが、オールAだったよ」と化け物みたいな話をしていた。

 大学時代のわがクラスには、唯一のマドンナNachikoさんがいる。このクラス会を開くもう一つの目的は、美人の彼女に会えるからだ。彼女も相変わらず忙しそうだ。なんでも「心と体のクリニック」という診療所を開いているとのことだ。

 四国移住のJohちゃんに、早速仲間が「四国に遊びに行きたい」という申し出をしていた。ウ~~ム、私も行きたいな。いずれ彼も年2~3回は上京するとのことだから、4年振りとはいわずチョクチョク会おうよ。

Img_2638 8年前の名簿を見たら、住所やアドレスがずいぶん変わっていた。原簿は私が持っているので、改訂版を作って、皆さんにお送りする約束をした。何人かには、先日のモロッコ旅行のお土産で【サハラ砂漠の砂】を差し上げた。Sukeちゃんには、「これを自宅に持ち帰ったら、女房もモロッコに行きたいというだろうな」と嘆かれた。

 二次会は喫茶店だった。お茶を飲みながら、5月に有志でゴルフをやろうと決めた。

Img_2637

|

« №3376 来年度の構想 | トップページ | №3378 WBC、日本惜敗 »

飲み会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3376 来年度の構想 | トップページ | №3378 WBC、日本惜敗 »