« №3428 丹沢・大山を歩く | トップページ | №3430 パソコンの不具合 »

2017年5月12日 (金)

№3429 毎月定例のゴルフ会

 毎月定例のゴルフ会が、メンバーコースのオリムピックカントリークラブツブラダコースであった。前日の登山で、足がパンパンだ。果たしてラウンドできるかどうか危惧していたが、朝起きてみたら支障がないようだ。

 6時に家を出て、駅にMasaoちゃんを迎えに行く。そしたら女房が起きだしてきて、「今日は暑そうなので半袖にしたら」という。そして、半袖からズボンまでを揃えてくれた。最近ゴルフに凝っている女房の提案に任せた。

Img_3236
 今回のゴルフはいつもの4人ではなく、エクストラの参加者を含めて7人の会だ。エキストラ3人とまっきーが第一組で、MasaoさんとMasazoさん、それに私と常連組が第二組に回った。

Img_3237 後ろからまっきーのラウンドを見ていたのだが、本当に彼は動作がのろい。他の3人がちゃっちゃと打っているのに、彼はまだぐずぐずしている。

 彼には遅いほかに、グリーン周りにクラブを忘れてくるという悪癖もある。後ろでラウンドしていると、そのことが良く分かった。3人でブツブツ言っていたのを、当の本人は聞こえただろうか。

 この日は暑くなるとの予報だったが、風があり、ちょうど良いゴルフ日和だった。それに一緒に回った人が実力も同じで、程よい緊張感でラウンドできて楽しかった。

Img_3239 いつものように「イタタタタ!!」と腕をかばいながらゴルフをするMasaoちゃんは、ドライバーでは私よりも70~80ヤードも置かれていくのだが、上がってみるとむしろ良いスコアだ。

 彼は、アプローチとパターが抜群に上手なのだ。スコアで置かれていく私も、実は安心して彼に勝てるとみている。彼の弱点はバンカーで、バンカーに入れると腕をかばい大叩きをしてしまう。この日もそういうシーンに何度か出くわした。

Img_3238 Masazoさんも上手になったが、どうもプレッシャーには弱い。最終ホール、私に一打差で負けていた。ただ、2連続パーを取り、上げ潮に乗っていた。「このホールでパーとボギーなら並んでしまうな」と私はつぶやいた。彼はそれを聞いていたのだろう。ドライバーはちょろって、その後も大叩きだった。

 私は、その最終ホールで一打目二打目とも会心のショットで、ピンそば80㎝ほどにナイスオンした。これだけ近いとOKじゃないのと同伴者に確認したが、ダメと断られた。結果、その距離のパットを外してしまった。

 私の最近のゴルフは、ドライバーはほぼフェアウェーを捉え、しかもまっすぐで飛距離も出てきた。気持ちよくラウンドできるのだが、唯一の弱点がパターだ。今日も3パットが5回も出て、一緒にラウンドしていたMasaoちゃんに呆れられた。

 パターが良くなると、以前の調子が取り戻せそうだ。いつものように常連4人で握ったが、前月は私の一人負けだった。今月は、まっきーと引き分け、他の二人には勝った。最後のバーデーパットを入れていたら完勝だったのに、とつくづく思った。

 それにしても、昨日の登山の影響がほとんどなかったとは、私の体もまだまだ若いね。

|

« №3428 丹沢・大山を歩く | トップページ | №3430 パソコンの不具合 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3428 丹沢・大山を歩く | トップページ | №3430 パソコンの不具合 »