« №3477 講座『埼玉の県蝶ミドリシジミを探す』 | トップページ | №3479 赤紫蘇も準備しよう »

2017年6月30日 (金)

№3478 那須で梅を漬けよう

 女房に「そろそろ梅を漬けるころじゃないの。今年はやめたの?」と聞かれた。やめたわけじゃないが、6月中旬は那須に行く機会がなかった。埼玉で梅を買おうかなと言ったら、「高いから駄目よ。那須で漬けて」とのことだった。

 そういえば、6月は那須に行く回数が減った。予定通り下旬に那須に行くことにした。25日ぶりの那須である。途中、スーパーで梅を買うことにした。一軒目のスーパーでは、「今年は梅が不作で、例年に比べて高い」とのことだった。しかも売り切れて、在庫はなかった。

 いつものスーパーに行ったら、わずか3~4箱が積んであった。値段を聞いてみたら、高い~~~。例年の倍くらいの値段がついていた。しかも、売り切れたらもう今年は終わりじゃないか、と言っていた。

Img_3649_2 しようがないね、高くても買おうか。ブログで値段を確認したら、昨年は3Lで10㎏約4,000円だった。今年はそれより小さいAAの大きさで6,800円もした。例年20㎏漬けていた梅干だが、今年は例年の半分の10kgだけ漬けることにしよう。

 私の梅干は、20㎏を漬け始めて10年近くになる。昨年漬けた梅干しもそうだが、一年たったらほとんどなくなってしまった。友だちにも差し上げたりするが、何といっても孫のRukaに喜んでもらおうと思って漬けている。

 しかし、もう6月も下旬である。ちなみに私のブログのサイドバーにある【梅干漬】で確認したら、2014年は6月16日、2015年は6月19日、2016年は6月7日に梅干漬けをしている。本当に今年は遅れた。

Img_3651 買ってきた梅干しの箱を開けてみたら、真っ青な青梅だった。これで梅漬けというわけにはいかない。もう少し熟してから、漬けるとしよう。その前に、梅のヘタを取り除く必要がある。10㎏とはいえ、相当の量だ。

 ヘタを取り除いて、3~4日このまま樽に保存しておこう。

 そういえば、数日前に会った東京シニア自然大学のくにちゃんが「近くの農家で梅の木一本ままの実を売り出している。仲間でその梅の木一本を買い、梅の実をもぐと安くなるのではないか」と言っていた。いい提案だね。

Img_3652

|

« №3477 講座『埼玉の県蝶ミドリシジミを探す』 | トップページ | №3479 赤紫蘇も準備しよう »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

梅干漬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3477 講座『埼玉の県蝶ミドリシジミを探す』 | トップページ | №3479 赤紫蘇も準備しよう »