« №3497 一八会に初参加 | トップページ | №3499 梅雨明けのゴルフ »

2017年7月20日 (木)

№3498 トークショーを拝聴

 ある知り合いからのお誘いがあり、トークショーを拝聴してきた。会場は、神保町の『東京堂ホール』である。少々人の集まりが心配なので参加してほしい、との要請だった。

Img_3822
 ただ、行ってみたら60人ほどは入れる会場はいっぱいだった。内容も知らないで参加したのだが、どうやら単行本新刊の発売記念イベントだった。対談の相手は、岡崎武志さんと荻原魚雷さんだ。

Img_3823 私には、ご両人とも初めて知った人だった。荻原魚雷さんは『日常学事始』(本の雑誌社)を最近出版し、岡崎武志さんは『人生散歩術』(芸術新聞社)という本を出版するという。

 ご両人とも中央線沿線に住んでいるらしく、中央線沿線に住んでいる奇人の話になった。私には奇人という人種は縁がなく、それでも面白く話を聞けた。

 ちなみに、その場であげていた奇人は古今亭しんしょう、井伏鱒二、吉田健一、田村隆一、滝田ゆうなどだ。しいて女性の奇人といえばとして挙げていたのが佐野洋子だった。

 いずれ、気の張らない、肩の凝らないトークショーで、あちこちから笑いが出ていた。「自分は貧乏だが、貧乏とは思わない。周りに知り合いがいると、当然おごってもらえるものと思っている」との荻原さんの語り口に、シンパシーも沸いた。

 ただ、周りにこういう友だちがいると迷惑だろうね。1時間半ほどのトークショーだったが、荻原さんの本を買って帰ってきた。

|

« №3497 一八会に初参加 | トップページ | №3499 梅雨明けのゴルフ »

会合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3497 一八会に初参加 | トップページ | №3499 梅雨明けのゴルフ »