« №3543 天気予報って、あんなに外れるものかね | トップページ | №3545 はなはだ迷惑な隣人 »

2017年9月 4日 (月)

№3544 秋、闌

 秋、闌(たけなわ)である。青空が広がり、気持ちのいい日である。9月に入り、風も心なしか涼しく感じた。さて、野に出てみよう。

Img_4085
Img_4087 自宅のすぐ近くに田んぼが広がっている。あちこちで稲刈が始まった。しばらく稲刈りを見ていた。それにしても、最新の稲刈機はすごい機能を持っているものだ。刈った稲の穂を外し、わらは細かく裁断して田んぼに撒いている。多分、田んぼの肥料になるのだろう。

 刈った穂は稲刈機のなかに保存して、それが一杯になったらトラックに移していた。一枚の田の稲を刈るのは、あっという間だった。この稲刈機は、果たしていくらぐらいするものだろうか。少なく見積もっても、400~500万円くらいはするのかな。

 一年で一週間くらいしか使い道がないのにもったいない、とつい思ってしまった。協同で使い回しているのかもしれないが。

Img_4095

Img_4093 この稲刈をじっと見ていたのが白鷺である。刈り漏らした稲の穂を狙っているのか、刈った後の田の虫を狙っているのかはわからないが。ずいぶんたくさん集まっていたね。

 そういえば、女房が友だちの農家から籾殻をたくさんいただいてきた。稲刈りが済んで、もう籾殻も外すのかしらね。

Img_4105 大きな袋に4俵もあった。この籾殻を那須に持って行って、畑の肥料として撒きたい。そういえば、昨年も同じことがあったのを思い出す。

|

« №3543 天気予報って、あんなに外れるものかね | トップページ | №3545 はなはだ迷惑な隣人 »

街歩きの楽しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3543 天気予報って、あんなに外れるものかね | トップページ | №3545 はなはだ迷惑な隣人 »