« №3566 海外旅行の具体化に向けて | トップページ | №3568 築地市場見学 »

2017年9月27日 (水)

№3567 東京湾クルーズ

Img_4204
 東京シニア自然大学の講座で、東京都港湾局の船【新東京丸】で東京湾をクルーズしてきた。私は、この船に乗るのはこの日で3度目だ。しかし、無料のクルーズ船は何度乗っても新鮮だ。

 ただし意外なのだが、なかなかこの船の乗船券は確保できない。この日参加した仲間は、「三度申し込んだのだが、全部外れてしまい、もう諦めた」と言っていた。なかなか人気のある船なのだ。

 最近のニュースで、この【新東京丸】は老朽化で新しく築造するという話のようだ。新船は約20億円するそうで、小池都知事が了解したという。この船は、乗り応えがある。約1時間半、東京湾をガイド付きで案内してくれるのだ。

Img_4211 この日参加した19名は、それぞれに感動していた。海から眺める東京湾は、日本経済発展の象徴を見る思いだったろう。

 コンテナ埠頭にはコンテナがうずたかく積まれており、次々と積荷作業が行われていた。ガイドの説明によると、「今やコンテナ革命で、ほとんどの荷物がコンテナで運ばれている」のだそうだ。船荷全体の80%以上ではないか、とのことだ。

Img_4215 さらに、われわれの眼には見えないが、海に出るとはっきりわかるのが海の埋め立てだ。東京湾の遠くまで埋め立て作業が行われていた。埋め立てた跡には、ゴルフ場を作ったり、海の森公園やオリンピック施設を計画しているようだ。

Img_4209 レインボウブリッジが見えたが、高さ50数mのこの橋は低すぎで、大きな客船が東京港に入ってこれない時代になったようだ。

Img_4217 そこで架けられたのが、【東京ゲートブリッジ】であり、また大型客船が接岸できる【新客船埠頭】で、いま建築中とのことだ。ガイドの説明で分かったのだが、東京湾にはずいぶんたくさんのトンネルがあるようだ。建築中のものを含め、5~6本もあるのも驚きだった。

 羽田空港の脇を船は通ったのだが、頭の上に飛行機の飛ぶ姿も見えた。

 この日参加した19人は、それぞれに良かったねと漏らしていた。世話人としては、この言葉を聞きたかったのだ。船は、青海客船ターミナルに着岸したが、その目の前に【宗谷】がある。

Img_4221
 この【宗谷】見学も無料である。私は何度か見学すたことがあるが、ほとんどの参加者は初めてだったのではないかな。初めて乗船して、それぞれに「よかった」と感想を述べていた。

 皆さんも機会があったら、ぜひこのクルーズをお勧めしたい。一連の見学がすべて無料、というのもいいね。

|

« №3566 海外旅行の具体化に向けて | トップページ | №3568 築地市場見学 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3566 海外旅行の具体化に向けて | トップページ | №3568 築地市場見学 »