« №3577 軽井沢で一泊ゴルフ | トップページ | №3579 9月に読んだ本 »

2017年10月 8日 (日)

№3578 軽井沢一泊

 昨日の記事の続きである。

 軽井沢の泊まった宿は、健保の保養施設である。有名な72ゴルフ場に隣接した場所だ。われわれがプレーしたゴルフ場からは、車で20分ほどかかった。久し振りにこの保養所に泊まったが、本当に豪華だった。初めての方は、びっくりしていた。

Img_4341 一部屋12畳ほどある相部屋仲間は、まっきぃだった。ゆっくり寝れるのがいいね。お風呂に入って、夕食だ。この日の表彰式は、夕食が終わってのカラオケルームだった。BMの私にとって、この表彰式は縁がなかった。

 さて、一通り表彰式が終わって盛大なカラオケ大会だ。ただ、この日のサッカーが気になって、私は早々に部屋に引き上げた。

Img_4346 カラオケ大会は大いに盛り上がったらしい。嬉しかったのは、一時病気で落ち込んでいたEimeiさんが、ドクターから無罪放免の許しを得たらしいことだ。「いくらゴルフをしてもいいと言っていたよ」と話していた。

 この保養所に一泊したのは9人である。翌朝、それぞれがめいめいに帰るのだそうだ。私は急ぐ旅でもないし、一般道をゆっくり帰ることにした。

 そうだ、久し振りに碓氷峠の旧道を通ってみよう。今はバイパスが出来、この旧道を通る車はほとんどない。私は、若いころスキーでよくこの道を通ったが、大型トラックがスリップして道を塞いでいることがよくあった。

Img_4347 今回通ってみたら、ほとんど車は走っていない。180か所ほどある曲がり角の旧道には、薄っすらと小枝が積もっていた。あまり車が走っていない証拠だ。

 よく見ると、この旧道に沿って、今は使われていない鉄道線路が引かれている。レンガの鉄橋跡が何か所もあった。ゆっくり走ると、こういう施設も見られるのだ。

Img_4352
Img_4353 なかでもメガネ橋は壮大だ。由来を読むと、明治二十五年、イギリスの技師が設計したものだという。これらの鉄道施設は、【国重要文化財】に指定されているという。

 旧道には多くの木が垂れ下がっていたが、残念ながら紅葉にはまだ早かった。

 ゆっくり一般道を走って、自宅に着いたのはお昼すごだ。行きに高速道を使って2時間で行った軽井沢は、帰りは3時間だった。高速代は約3000円だ。少し儲かったような気分で帰ってきた。

| |

« №3577 軽井沢で一泊ゴルフ | トップページ | №3579 9月に読んだ本 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3577 軽井沢で一泊ゴルフ | トップページ | №3579 9月に読んだ本 »