« №3583 そうだ、那須に行こう | トップページ | №3585 雨の那須 »

2017年10月14日 (土)

№3584 一日を畑仕事で

Img_4383_2
 朝起きてみたら、暑くも寒くもなかった。畑仕事に最適の日だ。朝食を食べて、畑に向かった。大根の葉が青々としていた。大根は、私の様な日曜百姓にとっては大変優良野菜で、種を植えたらほとんど手入れがいらない。

 順調に成長していたが、心配は大きくなってしまわないかということだ。というのも、次回那須に来るのは海外旅行から帰ってからだから、11月下旬になってしまう。まあ、その時はその時で仕方ないね。

Img_4385_2 さて、この日はタマネギを植える畝作りだ。手が入っていない畑は、びっしりと草に覆われている。この草を引っ剥がすことから始めよう。

 三本鍬で草を引き起こし、その草をバケツに入れて捨て場に持って行く。その作業を繰り返していたら、草捨て場はあっという間に小山のように盛り上がった。なんとか、午前中のうちに草刈りを終えた。

Img_4388_2 いったん、昼食に戻った。下着も含め、着ているものは汗まみれになった。汗に濡れたものは全部着替えた。昼食後、再度畑に向かった。まずは、前日買った石灰と化成肥料を撒いて鋤き込んだ。

 タマネギの苗は300本あったので、畝3本は必要だな。そして畝作りをした。つくづく思うのは、畑仕事の一番大変なのは草取りだ。それが終わると、あとは大したことがない。

Img_4391Img_4387


 草を抜き終わった畑からは、いろいろなものが出てくる。何でなのか知らないが、沢蟹が畑に潜んでいた。前回抜き忘れた大きなタマネギも出てきた。

Img_4394 畝を3本作り、その上に先日手に入れた籾殻を2袋撒いた。那須は寒い。冬を越すタマネギの苗を寒さから守る役に立つのではないか、とかすかに期待してだ。

 さらに、穴あきマルチを畝の上にかけた。今年タマネギが失敗したのは、このマルチが風に飛ばされたのを放っておいたせいだ。タマネギ畑が、雑草だらけになってしまった。

Img_4395
 隣の畑を見ると、マルチに縄をかけて風から防いでいるようだ。このように頑丈にしないと、マルチは飛ばされてしまうのだな。明日は一日雨だという。雨が上がったら、マルチを風から保護し、さらにはタマネギの苗を植えよう。ここまで来たら、大半終わったようなものだ。

 この日は、朝9時過ぎに畑に出て、終わったのが午後4時半ころだった。本当に一日仕事だったな。

|

« №3583 そうだ、那須に行こう | トップページ | №3585 雨の那須 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3583 そうだ、那須に行こう | トップページ | №3585 雨の那須 »