« №3593 雨中の総選挙 | トップページ | №3595 那須で沢庵を漬ける »

2017年10月24日 (火)

№3594 Windowsの起動が遅い

 今まであっという間に立ち上がっていたわがパソコンのwindows10だが、最近とみに起動が遅くなった。下手をすると10分くらいかかってしまうのではないかな。原因は何か、ネットで調べてみた。起動が遅くなる要因には、次の4つが考えられるという。

①パソコンのスペックが低い

②常駐プログラムが多い

③パソコンの不具合

④ウィルス、スパイウェアに感染している

 私のパソコンは、買ってから6年半になる。その時の最大メモリー4GBが搭載されている。OSも32bitだから、決してスペックが低いということはない。

 パソコンの不具合も考えられないし、ウィルス防御のソフトも搭載されているので、感染していることは考えられない。残るは、常駐ソフトの整理だ。

 コントロールパネルからプログラムを選択して、重いもので今現在使われていないソフトをアンインストールしてみることにした。対象は100MB以上のソフトだ。ただ、変にアンインストールすると、パソコンが動かなくなるから要注意だ。

 プログラムを見ると、使っていない重いソフトがたくさんある。

 パソコンを買った時についてきたソフト「筆ぐるめ」は、585MBもあった。これは使っていないのでアンインストールだ。さらに、「スカイプ」は270MBもある。これも使っていない。「乗り換え案内」は349MBもあったが、別のソフトを使っているのでいらない。「Bing」や「将棋」「囲碁」ソフトも削除した。

 それやこれやで、1.5GBくらいのソフトをアンインストールした。プログラムを見ると、まだまだ使っていないソフトが多いが、これで起動が早くなるかどうか試してみた。

  そして気が付いたのだが、デスクトップにある【ゴミ箱】に消していないデータがたくさん残っていた。見てみると4年分、5GBくらいある。これも起動を遅くしている大きな要因と、全削除をした。

 ただどうも、今までと決定的な違いはないようだ。パソコンが古くなったのかな。

|

« №3593 雨中の総選挙 | トップページ | №3595 那須で沢庵を漬ける »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3593 雨中の総選挙 | トップページ | №3595 那須で沢庵を漬ける »