« №3626 定期健康診断 | トップページ | №3628 シニアの向学心 »

2017年11月23日 (木)

№3627 等々力渓谷を歩く

 久し振りに参加したのだが、『東京シニア自然大学NEXT』の講座があった。この日のテーマは、「等々力渓谷 都内唯一の渓谷散策」だ。何度か話には聞いていたが、等々力渓谷を歩くのは初めてのことである。そもそも世田谷の奥深くには来たことがなかった。

 この日は、これも初めてのことだが、大井町線に乗った。大井町駅の改札口前から出ていて、えらく便利な電車だった。18分ほどで等々力駅に到着した。この日の参加者17名はすでに勢ぞろいしていた。

Img_4614
 朝礼の後出発したが、駅から歩いてものの5分ほどで渓谷到着だ。入口のすぐ脇に掛かった橋は、ゴルフ橋というのだそうだ。以前、東急がゴルフ場に行く橋をかけ、その名前で呼ばれたという。

Img_4619
 等々力渓谷は、意外と深山幽谷の谷だ。渓が深く、木が大きく豊富だ。林には、鳥の鳴き声が聞こえる。鳥博士の級長に聞いたら、「あの鳴き声はヒヨドリだよ」と言っていた。

Img_4623
 この渓谷は、地層を見るにも絶好だった。粘土層の上に関東ローム層が乗っているのが、はっきり観察できた。その層の間から湧水が滲み出していた。湧水も豊富な場所だ。何でも30か所以上の湧水が確認されているという。

Img_4630
 また、ここには古代人の住居跡も残されていた。古墳時代から奈良時代初期にかけ、構築された横穴墓だけで6か所確認されているらしい。横穴墓からは、様々な歴史的遺物が出てきたという。

Img_4620
 岩に残されている、白い線状の模様は何だろうか。こういうことに詳しいやまちゃんは、この日は欠席だった。代わりにくにちゃんが解説したところによると、「変形菌ではないか」との話だ。そういえば、変形菌について勉強したことがあった。

Img_4645
 等々力渓谷をさらに進んでいくと、等々力不動尊だ。階段を100段近く登って、その不動尊に着いた。境内では、結婚式の写真撮りをしていた。花嫁さんは外国人だった。「きれいだね」と声を掛けたら、にっこり微笑んでいた。

Img_4642
 「日本庭園」でお昼ご飯だ。この日の天気予報は下り坂だったが、お昼頃はまだ日差しがあり、ぽかぽかしていた。この庭園にはたくさんのイロハモミジがあったが、紅葉を迎えるのは10日後とのことだ。

 帰りに多摩川沿いを歩いて二子玉川駅に出たのだが、なかなかいい散策だったね。当然、駅前で反省会をやって帰ってきた。

|

« №3626 定期健康診断 | トップページ | №3628 シニアの向学心 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3626 定期健康診断 | トップページ | №3628 シニアの向学心 »