« №3637 桟雲の会世話人句会 | トップページ | №3639 定例ゴルフ会 »

2017年12月 4日 (月)

№3638 白菜を漬ける

Img_4755
 女房が大きな白菜を2つ買ってきた。「安かったのよ」と大喜びしていた。大きな白菜なので、すぐに食べるというわけにはいかない。一つ漬物にしようか。

 以前は那須で白菜を植え、大きくなったのを漬けていた。最近では、白菜は植えていない。虫がついてボロボロになるからだ。その上こんなに安いんじゃ、買った方がいいね。

Img_4752
 大きな玉を4分の一に切り、水で良く洗い、ウッドデッキに干した。幸い、天気が良かったので半日も干すと充分だ。

Img_4756
 白菜漬けは慣れている。自宅に鷹の爪と昆布、柚子があったのでそれを使うことにした。柚子は、包丁で皮を削った。鷹の爪は、包丁で薄く切っていった。

Img_4760
 漬物の美味しさを左右するのは塩加減だ。何%がいいのだろうか、ネットで調べてみたら3%とあった。秤できちんと計った。

Img_4762
 漬物樽は全部那須にある。幸い、倉庫に寸胴鍋が転がっていた。白菜を塩でまぶし、寸胴鍋に漬けて行った。白菜の重さは3㎏あったので、重しは倍の6㎏だ。幸い、重しも自宅にあった。

 一週間もして、水があがったら出来上がりだ。手慣れたもので、あっという間に出来上がった。

|

« №3637 桟雲の会世話人句会 | トップページ | №3639 定例ゴルフ会 »

梅干漬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3637 桟雲の会世話人句会 | トップページ | №3639 定例ゴルフ会 »