« №3648 大楠山ハイキング | トップページ | №3650 桟雲の会の忘年会 »

2017年12月15日 (金)

№3649 わが住む街は老人住宅街

Img_4876
 わが家のはす向かいの家の解体工事が始まった。窓の外には、バリバリと家を壊すものすごい音が響く。

Img_4878
 あらためて見てみたら、起重機でどんどん家を壊しているようだ。それにしても、壊すのはあっという間だね。私の家は建って40年ほどになるが、この家はそのちょっと前に建てられた。わが住宅街の中では古い方だ。

 ご主人が数年前に亡くなり、その奥さんもつい先日亡くなった。息子さんがすぐ近くに住んでいて、この家を売る決意をしたらしい。幸い、ある人に買われ、解体してこの土地に建て直すという。

Img_4879
 そういえば、その隣の家も老夫婦が亡くなり、空き家になってもう古い。後見人の息子さんは赤羽に住んでいるようだが、病気で入院しているらしい。その隣も老婦人一人の家だったが、その方も引っ越していくと挨拶に見えた。わが家の前の家のご主人も昨年亡くなり、老いた奥さんと息子さんの二所帯住宅だ。

 こういう住宅街事情だが、さて、わが家の資産価値はどのくらいのものだろうか。先日、ネットで査定をお願いした。それを聞いた女房が怒り、「この家を売るつもりなのか」と詰め寄られた。そんなつもりはないが、どのくらいかは知っておきたいじゃないの。

 「そんなことは知る必要がないの」と、女房はあくまでも強気だった。

|

« №3648 大楠山ハイキング | トップページ | №3650 桟雲の会の忘年会 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3648 大楠山ハイキング | トップページ | №3650 桟雲の会の忘年会 »