« №3647 【安兵衛】の会発足 | トップページ | №3649 わが住む街は老人住宅街 »

2017年12月14日 (木)

№3648 大楠山ハイキング

Img_4856
 東京シニア自然大学NEXTの本年最後の講座【大楠山ハイキング】に参加してきた。この日の参加者は19名だった。

 大楠山は、湘南新宿ラインの終点駅逗子からバスで20分ほどのところに登り口がある。私にとって、この湘南新宿ラインは使い勝手のいい線だ。私の住んでいる駅から、乗り換えなしで行ける。ただ、乗車券は馬鹿にならない。

 大楠山は、私は初めて登る。標高242mと低山ではあったが、どんなに低い山でも登りはきつい。幸い、この日はやまちゃんが参加してくれ、植物の説明を聞きながら登った。

Img_4857Img_4860Img_4861


 フユワラビ、マユミの花、シロダモの花などの説明を聞いた。

Img_4859
 それにしてもこの日は絶好のハイキング日和で、雲一つない快晴で、ほとんど風もなかった。厳重な防寒対策をして臨んだが、登るにしたがって汗を掻いた。途中でセーターを脱ぎジャンバーを脱いだが、それでも暑かった。

Img_4865Img_4866


 1時間半ほどの登りで、大楠山の山頂に到着した。頂上は360度の展望が効き、房総半島や東京湾、伊豆大島や江ノ島、伊豆半島まで展望できた。

Img_4868
 頂上には高い展望台があり、皆で絶好のパノラマを楽しんだ。ただ、残念だったのは、富士山だけが雲に隠れて見えなかった。ぽかぽか陽気の中、頂上で思い思いに弁当を広げた。

Img_4858
 頂上のすぐ近くに、灯台のようなものが建っていた。なぜこのような山の中に灯台があるのだろうか不思議に思ったら、この建物は灯台ではなく、電波観測所だという。半径120㎞の観測ができるらしい。

Img_4875
 下りも楽しい気分だった。下ったところにあったのが、葉山の立石海岸だ。山に登り、海岸散策を楽しんだこの日の講座は、満足できるものだった。当然、逗子駅前で恒例の反省会をして帰ってきた。

|

« №3647 【安兵衛】の会発足 | トップページ | №3649 わが住む街は老人住宅街 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3647 【安兵衛】の会発足 | トップページ | №3649 わが住む街は老人住宅街 »