« №3666 明けましておめでとうございます | トップページ | №3668 年賀状のない正月 »

2018年1月 2日 (火)

№3667 サッカー観戦後の大忘年会

 恒例の行事になっているが、大晦日はサッカー観戦後の大忘年会が行われている。私の一つの楽しみでもある。

 高校サッカー選手権の第一回戦が、大宮のNACK5スタジアムで行われ、わが母校秋田商業が出場した。応援に出かけた。わが母校の出場回数は43回と、出場校の中でも断トツのトップだ。ただ、回数は多いものの、このところ初戦敗退を繰り返している。

 秋田県勢は、この12年一度も初戦を突破していない。そのうち、わが母校は9回負け続けている。過去には2回も全国制覇しているのだが、一時の面影はなく、このところは一方的な負けが続く。応援団としても、何とかしてもらいたいものだ。

Img_4952
Img_4951 スタジアムに行く途中、近くの大宮氷川神社で必勝祈願をした。明日は初詣で大賑わいするであろう神社は、大晦日の人出はパラパラだった。ただ、初詣の人出に備え参道には屋台の列が出ていたし、神社前には大きな賽銭箱が用意されていた。

Img_4957 スタジアムには、すでにわが母校の応援団がたくさん集まっていた。顔ぶれを見ると、毎年大体決まった人たちだ。秋田からも観光バス三台で生徒たちが駆けつけているという。ふるさと応援団で、なまはげの応援も例年のことだ。

 試合が始まったのは、午後2時10分だ。さて、負け続けている汚辱を今年ははらすことができるのか。相手は、鹿児島の神村学園である。相手の中には、Jリーグと契約した生徒が二人もいるという強豪校だ。

Img_4959
Img_4958  試合は、わが母校の押し気味で始まった。例年の一方的な負け試合とは違う。何本かシュートは打つが、残念ながら決定力につながらない。そのうち、ちょっとしたスキを突かれ、先制点を奪われた。シュートを放ったのは、Jリーグに入団が決まった生徒だ。そのまま、ずるずると負けてしまった。わが県勢は、連続13連敗だ。 

 応援団も、悪い言い方をすれば、負けに慣れている。「今年もだめだめだったか」とため息も聞かれた。ほとんどの方は、サッカー応援もそうだが、終わった後の大忘年会を楽しみにしている。世話人が、大宮駅前の飲み屋を予約してくれていた。

Img_4962
 大忘年会に参加したのは、約40人だった。参加者の中には、他校の応援団も交じっていた。ある他校応援の方は、「昨日は花園のラグビー応援に行き、今日はサッカー応援。明日は、また飛行機で大阪に行き、ラグビー応援をしてくる。今年はわが母校は高校駅伝、バスケットボール、ラグビー出場で、財布が大変」と嬉しい悲鳴を上げていた。

Img_4965 忘年会には校長先生も参加して、「来年以降は負け続けない。何しろ校庭に人工芝が敷かれ、通年の練習ができるようになったんだ」と紹介していた。聞いていて、人工芝の問題ではないかな、土の芝でも全国制覇したこともあるのに、と思った。

 お店から、大晦日の忘年会祝いとして秋田の酒2升が差し入れられた。大きな盃で回し飲みをしたが、わが同級生Chizuちゃんは早速口をつけていた。

|

« №3666 明けましておめでとうございます | トップページ | №3668 年賀状のない正月 »

スポーツ」カテゴリの記事

飲み会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3666 明けましておめでとうございます | トップページ | №3668 年賀状のない正月 »