« №3669 終日箱根駅伝の応援 | トップページ | №3671 2017年のブログアクセス数 »

2018年1月 5日 (金)

№3670 川崎の姉の家で新年会

 恒例になったが、川崎の姉の家で新年会を行った。この日は「仕事始め」だったせいか、参加者は少なかった。兄弟姉妹3人にうちの女房、川崎の姉の長男の5人だ。

 姉の家に行く途中にあるお寺で、弟の墓参りをした。彼も亡くなって、今年で10年になる。死んだ人の年月は、格別に早いような気がする。お花を手向け、線香を供えてきた。このお墓から姉の家までは、ものの30分ほどだった。

 横浜の姉の旦那Fumioさんは、この日を楽しみにしていたようだったが、朝歯痛が出て急遽欠席だ。姉一人で出かけてきた。

 川崎の姉と横浜の姉は、仲が良いのか悪いのかわからない。12月上旬も、川崎の姉の娘の運転で、一緒に京都の紅葉を楽しんできたようだ。横浜の姉の言うには、「もう絶対一緒に旅行にはいかない」と怒っていた。一緒にいると、わがままが過ぎるのだそうだ。とはいいながらも、絶えず一緒に行動する仲ではある。

Img_4969
 テーブルにはたくさんの料理が並んだ。ちょっと早いと思いながらも、私は初めて沢庵を樽から上げて持ち込んだ。味見をしたが、まだ少し早いようで、味が馴染んでいない。それに、ちょっとしょっぱかったかな。それでも、美味しいと好評だった。

 横浜の義兄は、何よりこの沢庵を楽しみにしているのだそうだ。もう2週間もしたら、美味しい沢庵に仕上がっているはずだ。仕上がったら、たくさんお送りすると約束した。

 この日は静かな新年会で、亡くなった両親や兄弟の話題になった。川崎の姉が、お正月の夢枕に24年前に亡くなった長兄が出てきた、と話していた。「元気か」と問うたら、「元気だよ」と答えたのだそうだ。そういえば、2~3年前のお正月にも、亡くなった弟の夢を見たという話を聞いた。

 久し振りに、お祖母さんや両親、兄弟の話が話題に上った。私にとってはお祖母さんはあまりいい思い出はないが、川崎の姉はずいぶん可愛がられたらしい。あの当時は長女・長男が大事で、末っ子は付録のようなものだった。私も、随分悪たれを叩いた覚えがある。

 「そういえば、男兄弟たちは皆大人しい良い子だったが、あなただけが暴れん坊だったわね」と、横浜の姉は回想していた。暴れると、裏の蔵に入れられた。「蔵に入れると、あなたは蔵のものを全てぶち壊して、手に負えなかったのよ」と話していた。

 親父の話題が出るのもいつものことだ。「良い振りこきだった割には、お金にだらしなかった」と、もう30年も前に亡くなった父親の評価だ。何かと話題の多かった父だった。こういう話題を共有できるうちの女房とも、一緒になってずいぶん長くなったね。

 まあ、お正月なればこその話だったかな。

 

|

« №3669 終日箱根駅伝の応援 | トップページ | №3671 2017年のブログアクセス数 »

会合」カテゴリの記事

コメント

Shinさん 本年も宜しくお願いします。
高校サッカーの母校の敗退、残念でした。日立の平沢周索選手(何年か後輩)は記憶に残っております。
兄弟の新年会、羨ましい。貴殿が扇の要として君臨されておられるからと確信しています。私も肖りたいなあ~

投稿: アスペル山ちゃん | 2018年1月 5日 (金) 22時06分

山ちゃん
新年早々のコメントありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
6人いた兄弟姉妹も今や3人です。
扇の要は私ではなく、
あくまでも川崎の長姉ですね。
何やかやと指令が飛んできます。

投稿: シンさん | 2018年1月 6日 (土) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №3669 終日箱根駅伝の応援 | トップページ | №3671 2017年のブログアクセス数 »